FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
透き通る炭酸水。ここから果実のような甘い香りがします。
味は甘くはありません。飲めば後味が口に苦く残ります。
まるでアルコールのようですが、これは薬に近いもの。
アングラで販売している・おはじきと同じ成分です。
飲めば記憶が飛びます。
体がだるくなります。
瞳が潤んで、ガードは甘くなるのです。
気分が上昇する中での行為は、いかがでしょうか。

大きな硝子のテーブルの上には銀の蜀台。蝋燭の明りが、笑いあう人の顔を照らし続けます。
目当てが見つからなければ、新しいひとを出会えばいい。
ひとりで退屈な時間を過ごすよりも、はるかに有意義。
磨き上げた爪が、快楽を探してうろうろしています。
アングラの店員が、ひとり、またひとりとお客に見つかり、おはじきを受け取る場面が見られます。
顎に髭を生やした青年が、まだ10代らしい女の子からおはじきを貰いました。「あと5年たったら飲みますよ。」青年は、やり過ごします。
「なーんだ。」
女の子のぶうたれた声を聞いた、通りすがりの少年が教えてあげました。
「あのひとはアングラの店長だよ。とんでもないものに声をかけたんだね。」

脚をだらりと伸ばしたまま床に座り込んでいました。
空は力が入らない体を、冷たい壁に押し当てて目覚めさせようとしています。「・・無茶。」
真樹が隣で呟きます。
「暫くは動かないほうがいいですよ。」
「そんなことを言ったって。俺はもう帰りたいですよ!」
空は汗をかいたからだが気持ち悪いと思いました。
おはじきの効力なのか、やたらに汗をかいてしまいましたので・・。
「パーティに行かないと。」
真樹が空の髪を撫でます。
「きっとあなたを一目見たいと思っているひとが沢山います。」
「俺は見たくないです・・。もう帰る。」
拒絶を繰り返す空に、真樹は堪えきれずに笑い出しました。
「なんですか?」
不審な目つきで問いました。

「このまま離れたくないなあ、なんて思ってしまったんです。あなたが面白すぎて。」
「・・明日もお店で会うでしょう。」
「そうなんですけどね。何故だろう?俺は、自分が思っていたよりも・・空が好きみたいです。」
言いながら肩を抱き締めました。
真樹から、自分の匂いがしてきて頬が赤くなります。

「ずっとこのまま、傍にいてくださいね。」
真樹が絡めた指にキスをしました。
「気が向いたら、名前で呼んでください。待っていますから。」



「似合わないねえ、アングラの連中にこんな明るい場所は。」
店長が炭酸水を飲みながら呟きました。
「地下のモグラは、眩しい場所にあこがれるけれども、もっと身分相応な生き方をしないといけないねえ。」
アングラの店員のひとりが、上の階を指差して店長に教えます。
「真樹と空なら・・。」
「いいんじゃないの、おはじきのおかげで記憶に残らない行為だし。そこから恋でも生まれたら、祝福してあげようか。」


二酸化炭素があふれ出す地下の街。陽の光をもらえない日影の町の下に繁栄している地下の街。
何もかもを隠す闇の中。蝋燭を消せば、すべてを隠す闇の中。
隠せる思いがありますか。
乱したいひとがいますか。

媚薬で記憶が飛んでもいい。目覚めたときには傍にいたい。
その気持を知るものだけが販売を許された、アングラのおはじき。
代金は、お気持をいただきます。


  おわり。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
覚えがある体温。その肌。温かな手がシャツの中に潜っていきました。
抵抗できずに体を任せてしまうのは、快楽が欲しいからでしょうか。
だんだん、息が荒くなります。請われるままに、脚が開きます。
「いい子ですね、」
容赦なく愛撫する指に翻弄されていきます。
「そこはっ・」
吐き出すように叫ぶと、身をよじります。「ここでしょう?」
優しい微笑を浮かべながら、強く握ります。

「さっき覚えました。」

真樹が攻めて行く度に空が壊れていきます。誰かに聞かれたり、見られたら恥かしいのに。
声がどんどん大きくなってしまうのです。
真樹にしがみついて立ち居地を確保していますが、膝が折れそう。
つま先で体を支えているのです。しかも容赦ない攻めが快楽の波に、空を押し込んでいきます。
「お願い、もう無理!」
訴えたのと同時に、真樹の手の中で破裂しました。白いものが真樹を濡らします。
「・・もっと触りたい。」
「も。やめて・・。」
息も絶え絶えの空のパンツを下着ごと、すとんと落とします。
「誰かに見られる!」
思わず手で隠そうとしますが
「見せません、誰にも。俺だけのものですから。」
真樹が空の唇を吸います。そして、またおはじきが押し込まれてきました。
首を振って吐き出そうとしますが、飲み込むまで唇を離しません。
こく・・・っと飲み込んだら、体がふらつきました。
「言ってください。もう言えるでしょう?・・もっと欲しいって言いなさい。」
真樹が空の首筋を舐めながら命令しました。


ウエッジソールがフロアーを揺らします。手錠をぶら下げた少年が、ずつと誰かを探しています。
「アングラの店員見なかった?」
「知らない。」
「皆、探してるんだよ。見かけたら、ものにしてる。」
「入り口で見たよ、ふたりで来てた!」
誰かのその発言に、どよめきました。
「店員同士でくっついたのか?つまんねえ!」
「ひきはがせばいいのさ。俺だって、あの子がいいんだ。」

フロアーにはおはじきを楽しむ男女の姿が目立ち始めました。
いつもより過激な求め方に、お互いが興奮している様子です。
女の子がマシュマロをくわえて、そのまま男の子の唇に届けました。
舌が追い返します。それでも女の子がまた押し込んで。

唾液で濡れたマシュマロが、床に転がります。

開始の合図はありません。互いに相手を探すゲーム。
香水の匂いが充満して、呼吸すればむせまくり。
綺麗なあの子は、今どこにいるのやら。
ピアスが光ります。靴音が高らかに鳴り響きます。後には退けない快楽へ落ちていきます。
アングラの店員は他のお客に混じっているので、常連さんでも見つけにくいはず。
名前も教えないくらいですし。


空と真樹は、誰にも騒がれずにホールに入りました。
お客が流れ込む会場とは逆の方向にあるエレベーターを使い、会場を見下ろす3Fゲートに向いました。
硝子張りのゲートから、真下でうごめくお客を確認します。
「すごい人ですね。」
「毎回、増えるんですよ。みんな退屈から抜け出したいんです。愛したい人。愛されたい人。快楽か地獄かわかりませんが。」
真樹はピアスを確認するように耳朶を触っています。
「痛いの?」
「いいえ?落ちていないか心配で。俺は不感症みたいなんです。ピアスがどこかに落ちても、それに気づかない性質なので。」
真樹が自分のことを話すのは初めてな気がしました。
空は、まじまじと真樹を見つめます。
「空さん?どうかしましたか。」
「なんか・・長押さんが近くに感じます。」
「いつも隣にいるじゃないですか。」
「そうなのですが。今は、前よりも近い感じ。」
空の言い方が素直すぎて、真樹がびくっとしました。
頬が熱いのか、手の平で押さえています。
「・・あなたには、かなわないなあ。」
そっと空の顎に指をはべらせて、
「キスがしたくなりました。」
「・・ここで?止めてください。・・そうでなくても、お客に見つかったら・・集まりそう。」
「堪えきれないですよ。」
「1回だけ・ですよ?」
その膨れ面にも、真樹は嬉しくてたまらないようです。
そのまま唇を重ねて、そっと舌を割り込ませました。
途端に拒絶するように空の体が反りましたが、慣れたものです。
逃がさずに抱き寄せます。
「・・受け止めてくださいよ・・。」
「や、」
「イヤじゃないですよ。ここまで来て、」
そっと空の腰をなぞります。
「長押さん!」
「そろそろ 真樹って呼んでくれませんか。あなたにはその権利があります。」
そして再び重なる唇。
空は気がつきました。今、おはじきを飲まされました・・。

「長押さん、困ります。」
無理やり離した唇から漏れる吐息と、ささやかな抵抗。
「1個じゃ、もうあなたには効かないでしょう。もっと飲みませんか?」
「・・もっと飲んだら、どうなるのです?」
「先ほどのような失神では逃がしません。」


絵の具の色をそのまま塗りつけたような派手な色。
赤や緑の色をしたマシュマロが、ガラスの瓶に詰められています。
赤ん坊の握りこぶしくらいの大きさなので、普通のものよりもやや大きいサイズです。
お客はそれを一個づつビニール袋に入れてもらって、おはじきと一緒に持ち歩きます。
そのまま食べても勿論、甘くて美味です。
でもお客の間では、おはじきを使った後や、その最中に使うことが流行っています。使い方は人それぞれ。
皆がおはじきをアングラで手にいれました。
さあ。お月様が夜空にエスコートされて輝く夜に、パーティが始まります。

地下の通風孔がまるで呼吸をする生き物のように働いています。
二酸化炭素が充満している地下から、ひとがぞろぞろと地上に上がってきました。
闇から蘇ったもののように、他者の生気を求めて地下から出てきます。
行き先は駅。どこまででもない切符を購入して改札をくぐります。
駅のホームから直結した、大きなホール。
普段は、なぜかいつも工事中の看板を掲げて、人を寄せ付けません。
このホールが口を開けるのは、パーティの開催される日だけです。
重厚な鋼の扉の前には、グッチのサングラスをかけた用心棒が3人立っています。
ここでチェックを受けて、晴れて入店が許可されるようです。

無粋な太いチェーンをしたお客は、お断り。
金の大きな腕時計をしているのなら世代が違うので、これまたお断り。

体温を感じさせない鋼のドアの向こうには、かつてないパーティが始まるのです。
香水の匂いが染みてきます。肌にうっすら汗を浮かべるほどにおはじきを飲んだお客が、お目当てのひとを探しています。
フリーセックスの時代は終りました。
その時代を求めている世代も入店不可です。このパーティでは、セックスが目的ではありません。
あくまでも<告白する勇気のないひとの背中を押す>。
でも頬が赤くて、息も絶え絶え。艶かしい視線を送るものに、手を出せないものはそうそういないでしょうね。

「あの店員さんは?」
アナスイの新作の香水をかけすぎた女の子が色めきたっています。
折角入店できても、お目当てがみつからなければ今日は無駄足ですから。
「茶色い髪のほう。」
どこかで誰かも叫んでいます。
「どこにいるんだい?俺はこの日をずっと待っていたんだよ?だって、あの子は未経験なんだろう。カンでわかるんだ。」
青年が店員さんに尋ねています。
皆がアングラの店員と、仲良くなりたいようです。名前もわからないけれど、おはじきの形をした媚薬を販売するお店の綺麗な店員さんなら、お近づきになりたいと思うのは当然かもしれません。


「そろそろ起きてください。」
真樹の声で、飛び起きました。
「・・・え?」
服をきちんと着ていました。あれは・・・夢だったのでしょうか。
「長押さん。」
「はい?」
真樹の微笑は変わりません。
いつもと同じに、優しすぎるくらい。
「パーティに行くのですか。」
「ええ、あなたもですよ。俺の傍から離れないでくださいね。見失いたくないのです。」



押してくださると励みになります。


快楽にうごめく声を掻き消すクラシックが流れます。
地上は夕暮れの風景を映し出す時間です。しかしここは地下。
風景は変わらず。風も通りません。

おはじきを買い求めるお客で賑わう地下の雑貨屋、アングラ。
店員さんが忙しそうです。でもどこか楽しそう。
お店にとって、忙しいのは何より喜ばしいことですからね。
しかし、さっきからおはじき担当の真樹と空の姿がありません。
「ねえねえ、いつものひとは?」
「あの茶色い髪の子は?名前を聞きたいんだけど。」
常連のお客が騒ぎ出します。
「黒い髪の子に攫われたのかな?」
「なんだよ、店員同志で。いいとこどりかよ。」
「あの子、パーティに来るんだろうね?」

「行かせますよ。」
にっこり笑った髭のある青年が、意味ありげに応えました。
「店長は、ふたりの行方を知ってるの?」
「知りませんよ。」


いや、と首を振っても体は刺激を求めていました。
真樹が舌で濡らしていく体は、唾液の光で目覚めていきます。
何かを掴みたくて震える指先を真樹が受け止めて安心させます。
吐く息の荒い空の全身を撫でて。隅々まで触って。
張りのいい腿を持ち上げると膝を折らせて抱え込みました。
何もかも見られている空は、落ち着きません。
「空、すごく綺麗。」
「・・んなこと、無い。」
「もっと綺麗にしてあげます。」
自身の先を挨拶するように入れてみました。
異物感に抵抗する空の上に圧し掛かって、そのまま押し込みます。
喉元までこみ上げる衝撃に、空がのけぞりますが、真樹は一向に力を抜きません。
ぐいぐいと、空を動かします。
かつてないほどの痛みに貫かれて、息が苦しい。
熱のある体は衝撃を幾分緩和しているはずですが、それでも真樹の容赦しない入り込み方に頭が痛くなるほど首を振りました。
誰かに見られたら恥かしい、どうしよう。
そう想えば思う程、体はなぜか反応していきます。
さっきよりも緩い。
まだまだ大丈夫。
空の先走りで濡れた真樹の下半身が見えました。
「うぐ」
咽たようです。
「な・・んですか、それ。」
真樹も汗をかきながら苦笑です。
「だって、・・・・・・・!!」
空の視線で気づきました。白く汚れた自分を見てシャツを脱ぎます。
<もっと見せましょうか?>
そういわれた気がして、空の鼓動が早まります。
「これはいわば名誉の負傷ですから・・。ね?あなたは・・もっと酔いしれてください。揺らしますよ・・。」
綺麗な真樹のからだがシャツの隙間から見えます。
でもさっきとは角度の違う責め方で、空の声が高くなります。
「ここ・・でしたか。・・ああ、誰にも・・触らせたくないな・・。」
自身を突上げながら、空の感じている自身を握ります。
そして嬲るように手でしごき始めます。
「俺のものですよね・・。そうですよね、ここまで待ったんですよ・・。まだいかないでくださいね、俺、もっと・・。」
空には真樹の囁きが聞き取れません。
ずっとずっと真樹のなすがままでした。
空が失神するまで、真樹は動きを止めませんでした。



押してくださると励みになります。





素足にロンドンブーツのマネキンが、また服を脱がされています。
黒い服の次はピンクのサテンのロリータドレス。
ここアングラは、ポリシー無し・面白ければなんでもあり・なお店です。
照明できらめくサテンのドレスも、すぐに買い手がついて脱がされそうですが、店員さんは自分では動けないマネキンの頭からドレスをかぶせました。
腕を通したら案の定、店員さんはお客に声をかけられました。
おや?服が欲しいのではなさそうです。
手錠をかけた金髪の女の子が、きらきら光る爪で・おはじきを差し出しました。店員さんは、微笑して首をふります。
「仕事中ですから。」
断られて女の子は恥かしそうです。
「あなたもパーティに行くんでしょう?」
「そうですね、またあとでお会いしましょう。」
女の子は安心したようです。店員さんの顔を脳に記憶するようにじっと見つめてから、立ち去りました。


アングラの店内ではほかにも怪しげな行動が見えます。
腰まで伸びた長い髪のお嬢さんが、おはじきをひとつ舌に乗せました。
「まだ店の中じゃん。」
そのお嬢さんのお友達らしい女子がたしなめますが、お嬢さんは半笑いで舌を丸めておはじきを口の中に入れてしまいました。
「あ~あ。」
見ていた男子が笑いました。「どうにかなっちゃうぞ?」
お嬢さんは、こくっと飲み込みました。するとだんだん頬が赤くなってきました・・・・・。



お店の裏にいる、空にも同じ現象が起きていました。
頬が赤い。まるで茹でたみたいに、赤いのです。
「熱いでしょう?」
真樹が囁きます。
耳まで赤くなってきた空が、熱にうかされたように頬も上気しています。
「ど・・ゆこと。」
「もう戻れませんよ。可愛いなあ・・。その瞳、この体がずっと欲しかったんです。」
脱がされたシャツの行方は知れません。
空は明りの下で自分の肌が露出していることに恥かしさを覚えます。
そして、小刻みに震えています。
「どうしました?震えていますね。怖いんですか?」
「じゃなくて・・。長押さ・・。」
「いつもの声じゃないですね。そんな声も出るんですか。知らなかったなあ・・。」
そっと眠れる胸の突起にキスをします。
そのまま細くした舌でえぐるように舐ると、真樹の唇からも耐えかねたように雫が零れます。
「・・・・!」
声を殺す空、息も荒くなります。
「ねえ・・越屋さん・・。」
「な・・ですか?」
「空さんって呼んでもいいですか。今だけでも。」
「・や・・です。」
空の動揺が伝わらないのか、真樹は空のベルトに手をかけます。
「やめて・・長押さんっ。」
「ここがきついでしょう?」
すばやく手をすべりこませると、その熱さを確かめます。
「ほら。」
「そんな・・やめ。」
体が熱くてだるいのです。うまく動けません。
手を伸ばしても、真樹に遮られてしまいます。
「触らないでくださいっ・・」
「気持いいでしょう?もっと動いていいのですよ。さあ、動いてくださいよ。見たいんです、空のもっと欲しがる顔を。ここももっと見せて欲しいし。ね?・・そう、動けるじゃないですか・・。」
言いながら空の臀部をなぞり、ずるりと脱がせます。
「なげ・・。」
「あなたも欲しいんでしょう。あげますよ、俺を。」
ぎゅっと手で空の自身を握ると、刺激を繰り返します。
耐え切れずに声をあげる空に合わせて、店内からBGMが聞こえてきました。
普段はBGMが流れないアングラですが、どうしたことでしょう。
しかも耳に慣れないクラシック。
「もっと気持ちよくしてあげますよ。そろそろ、どうにかなる頃でしょう。・・おはじきはいかがですか?もっと舐めますか?」
赤い舌の先でちょんと舐めて空の苦しげな表情を確かめると、そのまま下から舐めあげてきます。
「そこは・・。」
「じっとできませんよね?感じるままに動いていいのですよ。」



押してくださると励みになります。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。