FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここに書いていたBL小説を一部引越ししています。
重くなったので…
いや、エロがあるのでいけないな~~と思いまして。

まだ調子が取り戻せない状態なので続きが書けないとか、
新作は水面下(ひどいな)な感じですが、
肉を食べて元気になろうと思います。

元々、実は肉は苦手で。
牛肉は特に。
肉で取れないエネルギーを炭水化物や糖分で補おうとして

変なやせ方をしてきたので、もうあかんな!と。

体力つけるためにも、今日は味噌カツにしました~。
名古屋人なので味噌大好きです。

美味しく食べて、また頑張ります~~。



今書いている原稿の中で、
本当になんだこれ!な間抜け展開の話ができあがりそうで、
かなり楽しいです。
あ、こういうの、私は書くのが大好きだよな~~なんて
思い出したりして。
ジェットコースターみたいなノリノリな感じが好きです。
でも最近、書いていなかったな~~

眠かったり眠れなかったりで、まだ本調子ではないのですが、
頑張らないとね。
負けられないから、自分自身に。
スポンサーサイト
[PR]

すっかり肌寒くなりましたね~。
昼間でも薄着だと寒いので、これはあかん。
冷え性には辛抱たまらん季節が来るのね。

頑張ろう。これしかない。

今日の晩御飯はかぼちゃのシチューにしようかと思います。

柊家ではかぼちゃのカレーとか、天ぷらとか、
とにかくかぼちゃの出番が多いのです。
甘くて美味しいから大好きだけど、
弟は平気だろうか…
そろそろ文句を言うかもしれない。

ああ、おでんも食べたいな。
名古屋なのでおでんは味噌をつけます。
これ、たまらんです。
味噌だけでご飯食べられます。

名古屋に産まれてよかったなあと、最近よく思います。
味噌が好きだから。


あれ、何の話だったか。


●逃亡中●

原稿がいまだかつてないほどにエロが多くて
これを読み直すのも発狂しそうで

いや、もう狂いだしたのだけど…

直しながら進める作業から逃げ出したい。
でも先が観たい…
自分がどこまで書くのか観てみたい。
2007.10.01 真夏と桃。3
お店のテーブルに行儀よく並べられたスイーツを撮影しては、
一口食べて感想を綴る集団がいます。
「雑誌の取材と聞いたが、あんなに時間がかかるのか。
大変だねえ、あの人達も」
お店のスタッフが気を利かせて、コーヒーの差し入れをしました。
「ありがとうございます!」
唇にクリームをつけたまま微笑む女性に笑いをこらえながら、
スタッフが帰ろうとすると。

「このスイーツを作られた黒木さんにお会いできませんか?」


スタッフが貰った名刺を見て
「冬至に聞いてみる?」と顔を見合わせた頃。

冬至は携帯に出られない状況でした。


真夏の耳を甘噛みし、そのまま首筋に舌を這わせています。
「と、冬至。立ったままって、キツイ…」
真夏が甘えて冬至の腰に手を伸ばすと、
「ん」返事をしながら、まだ立たせています。
「限界まで揺らしてみたい」
意地悪なことを言って、真夏の頬を真っ赤にさせてしまいました。

もう真夏の膝は震えています。
感じやすくなったのか、それとも気候のせいなのか、
いつもより早く息が上がるのです。

「あ、」
口の中に溜まる唾液を飲み込むと、冬至が服を脱がせます。
胸を撫で、おへそまでゆっくりと指を下ろすと、
きつくなっている股間に忍び寄ります。

「も、無理」
真夏が冬至にもたれかかると「はい」冬至がひょいと抱き上げて、
ソファーの上にやさしく乗せてくれました。

「狭いけど、ごめんね」
「このほうがいい、体が離れないから」



→続くのだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。