FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「犬山くんは背が高いね。何か、スポーツをやっているの?」
「あ、高校生の時にバスケを……」
「かっこいいね」
「や、全然ですよ。僕は試合に出ても活躍しないし」
「そうかな? きみは男前だから目立ちそうだよ。女の子にモテたでしょう?」
 ニコニコしながら僕を見上げないで欲しい。
 僕と同じ男なのに、鶴前さんはどうしてこんなに可愛らしいのだろう?

「ぜ、全然です。モテませんよ、振られてばかりです」
「若いのに謙遜するのだね。可愛いなあ」
「か、かわ?」

 可愛いのはあなただ。そんなに余裕で微笑まないで。
しかしこれは、脈ありと思って良いかな?

「素直そうだし、良い子だね」
 子供扱いなのか! 少しショックだ!

「つ、鶴前さんは、おいくつなのですか?」
「歳? 二十五歳だよ」
「えっ。僕より五つも上なのですか?」
 とてもそうは見えない。童顔なのか。
「犬山くんは二十歳だったね。そうか、五つ上か。そう言われると歳の差を感じるなあ」
 親指を唇に当てて、むう・と考え込んでいる。これは子供の仕草にしか見えない。
 ブランドのスーツを着たお兄さんのする仕草ではないぞ。
鶴前さんは天然なのか、それとも計算か? 
いや、計算が入るはずがないな、元がこんなに可愛らしいのだから小細工は要らないだろう。
動揺を隠せない僕の隣で、鶴前さんは小さなため息をついた。

「年の差なんて関係無いよ」
 
それはどう受け止めたら良いのだろう?
五階に着いて開いたドアから出ると、鶴前さんが僕をまた見上げてきた。
「僕の事は兄だとでも思って、何でも気軽に聞いてね」
「ありがとうございます!」
わからないことは何でも聞いて教えてもらおう。
早く仕事を覚えて、鶴前さんに誉めてもらえる様に人一倍努力しよう!
小さくガッツポーズを決めて、鶴前さんの背中を追う。

案内された営業部は誰もいなくて、がらんとしている。
しかし何故かデスクの上のパソコンが一台起動したままだ。


3話に続くのでありんす。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

大学生をバイトに雇う商社なんて、ありえないと思い込んでいた。
しかしネットでたまたま見つけた商社の求人広告に<学生歓迎>とある。
興味を引かれてアポを取ったら、即採用が決まった。
余程人手不足なのかと不安だけど、社会勉強になるし、この経験が将来の役に立つかもしれない。そう思って自社ビルを持つこの商社のドアを開けたら、いきなり運命の出会いを感じてしまった。
 
それはドアを開けた僕を笑顔で出迎えた。
受付の綺麗なお姉さんが霞む程、アイドル張りの笑顔の男の人に目を奪われた。

「おはようございます。犬山くんですね?
部長から話は聞いています、お待ちしていました」
 
ブランド物のスーツを着た若い男の人だ。
 
僕より頭一つ分背が低いので、見上げる表情に吸い寄せられそう。
飴玉みたいに大きな瞳に、ウルフカットした茶色い髪のせいなのか、一見すると繁華街を歩く今時の若者で、僕とは歳があまり変わらないようだ。

「犬山くん、だよね?」
 
しまった。返事をしていなかった。ぼんやりとこの人を見つめてしまった。

「は、はい。犬山ケンタです、よろしくお願いします」
 
深々と頭を下げると、受付のお姉さんが噴出した。
「可愛い」と呟かれたけど、僕よりもこの人が断然に可愛いだろう。

「あ、そんなに固くならなくてもいいですよ。
僕は鶴前ハルです。きみの教育係を担当するので、よろしくお願いします」
 
この人が僕の……上司になるのか。
これはやっぱり運命だ。
初めてのバイトに挑む僕に神様が用意してくれた最高の贈り物だ。

「つ、鶴前さん。よろしくお願いします」
「こちらこそ」
 
何気なく微笑まれただけで、胸がキュンとする。
小さな顔を引き立てている仕立ての良いスーツ。
きっちり締められたネクタイにもドキドキするなんて、僕は一体どうしたのだろう。
運命の出会いだ。
こんなに可愛らしい鶴前さんと仕事が出来るなんて、きっと毎日が楽しくなる。
そんな予感で胸が高鳴るよ。

「営業部の皆に紹介したいけど、生憎朝から全員出かけていてね。早速だけど僕と事務処理をしてくれるかな?」
 はい、と大きく頷くと、細い背中について歩き、エレベーターに乗り込んだ。

「五階、と」
 まるで蝶々が羽根を休めるよう。
しなやかにボタンを押した長い指を、ドアが閉まりきるまでじっと見てしまった。

「どうかした?」

「あ、いいえ」
「犬山くん、緊張しすぎだよ。顔が赤い」
「え、これは」
 あなたを意識してしまうからだとは、さすがに言えない。
初対面でそんな事を言ったらおかしな奴扱いだし、バイト初日からやる気が無いのか? と思われてしまうだろう。
下手をすれば即クビだ。

「僕しかいないから、気を緩めていいよ」
 
緩められない。
気になる人と二人きりなんて勘弁して欲しい。
狭いエレベーターの中で自然と体が近寄ったせいか、鶴前さんの唇に艶がある事を発見した。
リップクリームでも塗っているのかな。
さりげなく横目でちらちらと見てしまう。
そのプルンとした唇で、好感度は更に上昇だ。
 
隣でドキドキしている僕に気づいたのか、ふいに鶴前さんが見上げてきた。



2話に続くのでありんす。長くてすみません。
原稿を書き始めてから、自分の覚えていた漢字が間違っていたと気付くことが多くて。
このパソコンで検索して「あっ棒が一本足りない」とか、
言葉の意味を間違えていたとか。
方言とか(こればかり)

だから余分に時間がかかるんだなーと思います。

偶然、今、FC2さんに来ていて面白い広告があったので載せます~
自分も詳しく知りたいくらいですよ。
完璧なものはこの世には存在しないと哲学めいたことを言いながら、

完璧を求めるのが人間ですよ。

日本人だけど日本語の誤用があるなんて恥かしい…
興味がある方、多いと思います。

----------------------------------------------------------
【PR】


「的を得る」「愛想を振りまく」「口先三寸」「おっしゃられる」これらは全て誤用です。あなたの日本語は大丈夫ですか?実力を日本語検定で確認してみましょう。まずは日本語検定の過去問題"日本語診断"で腕試しを!

日本語診断はこちらから。
----------------------------------------------------------
本当に久し振りにFC2さんに来ました。うわー、いろいろ変わっているなー。
機能を理解できるか不安ですが、これからも、ちょこちょこ書きますのでよろしくお願いします。

年末からずっと原稿ばかり書いていて、音楽離れしてしまいリズムを忘れていました。
慌てて宇多田ヒカルを聞いていますが、矢張り名盤。
萎えていた気力が蘇りますね。

キッチンにラジカセを置いて、聞きながら料理をしています。
何か、歌いながら作るとストレス発散ですねー。
まあ、今は無色だからストレスというより、ぼんやりとした不安ですが…
(芥川龍之介先生)


ずっとBLにこだわってエロばかり書いてきましたが、
実は可愛い女の子も大好きだと気付きました。
そういうお話を書きたくて、…2本書いたのですが、これ、本気で一時通過してくれないかなー!!
昨年の今頃よりは、すこーしは上達したと思うんです。
あ、甘えていますか??


では、また。
BLにするのか女の子かわからないけど、そろそろ動きたいと思っています。
ここのジャンルが「アダルト」なので、
「きゃー」と思われた方はリンクを外してください、本当にすみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。