FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の声と電話の呼び出しベルが重なった。
 びくりとして賭け時計を見ると、丁度十時だ。
一斉に鳴り始めた電話を前にして、どれから取って良いのかわからない。
「近い所からで、いいよ」
 鶴前さんはもう受話器を持っていた。
何やら笑顔で応対していて感じが良い。ただ、デスクにお尻を乗せているけど。
 僕も頑張らなくてはいけない。受話器を持ち、鶴前さんのメモを見た。
「はい、一富士商事です」
『……営業の大和です』
 あれっ、いきなりメモには無い応答だぞ。
 どうしよう、この場合は何て応えたら良いのかな?
『きみは誰? ハルは近くにいない?』
「あ、あの。僕は今日からここにバイトに来た犬山です。ハル……鶴前さんは他の電話に出ています」
『そう。じゃあ、西店のオーナーから電話が入ったらすぐに教えてと、メモに書いてハルに渡しておいて』
「あ、はい!」
『元気が良いね。ハルのサポートをしっかりお願いするよ。じゃあ、失礼します』
「はいっ、失礼します」
 穏やかな声の人だな。
言われた通りにメモを前鶴さんに渡そう。
僕も走り書きだけど読めるかな? 鶴前さんの側に駆け寄ると、電話の相手と真剣に話している。

「ええ、そのデータを調べるのに時間をいただきたいのですが」

うわ、忙しそうだな。受話器を肩で押さえながらファイルを捲っている鶴前さんにメモを渡すと、慌てて目を通してくれた。

「よ、読めますか?」
小さな声で尋ねると、親指を立ててウインクしてくれた。

その仕草に心臓が飛び跳ねた。
眩暈がしそうだ。
思わず足元がぐらついた僕に、容赦なく聞える電話の呼び出しベル。
慌てて近くの受話器を取ると、今度はメモ通りの受け答えで済んだ。



――応対を数回こなしたら慣れた。
最初はメモ通り出来ず怖気付いたのに、今や言葉も噛まずにすらすらと言える。
早くも順応性が鍛えられたのだろうか?
受話器を取るのも手慣れたもので、さっと取ればすぐに「はい、一富士商事です」と。
まあ、こんなものと得意になってきた。用件をメモしながら決め台詞の様に「それでは」と言いかけたらゴトンと音がした。
「あっ。一番遠い所が!」
 鶴前さんの声にびっくりして顔を上げるとデスクの上を鶴前さんが走っている。当然靴は脱いでいるけど、そんな所を本当に走るとは思わなかった。衝撃的な光景だ。鶴前さんは一番端のデスクの上から電話機を本体ごと持上げると、何食わぬ顔で受話器を取った。
「お待たせしました。一富士商事です」
 凄い笑顔。この人こそ、プロだ。

『……もしもし? ちょっと、きみ?』
「あ、すみませんっ。で、では折り返し……後程折り返しますので」
 ああっ、また噛んでしまった。折角慣れたと思ったのに油断大敵だ。背中に汗をかきながら話し終えて受話器を置いた。

「ようやく、波が引いたね」
 目の前に前鶴さんがいた。デスクに座ったままで、僕が見上げる格好なのだが、その姿勢よりも緩めたネクタイが気になる。
「お疲れ様」
「あっ、はい、お疲れ様です」
 隙間のある襟元に目が釘付けだ。そのネクタイを直してみたい、そんな衝動にかられてしまいそう。
「じゃあ、電話のメモをください」
「はいっ」
 受けた電話のメモを渡すと、「あ」と小さいけど高い声をあげた。
「どうかしましたか?」
「西店のオーナーだ。大和さんに電話をしなくては」
 いきなり、僕の手をぎゅっと握った。
「えっ? つ、鶴前さん?」
「あ、ごめん。……じゃなくて、犬山くんが受話器をつかんだままだからだよー。この電話を借りていい?」
「す、すみません! ど、どうぞ!」
 うわあ、顔が熱い。恥かしいな。
「犬山くんって、さあ」
「は、はい」
「手も、大きいね」
 微笑まないで! 理性が吹き飛びそう。
しかし鶴前さんに手を握られた時、何の不自然さも感じなかった。これは大事だと思う。
 僕は生理的に合わない人だと、指が触れただけでも寒気がする。だらしない格好をしているとか、清潔感が無い人は受付けない。そんな人には元々近寄らないけど、万が一、肌が触れてしまったら鳥肌ものだ。
 鶴前さんはどうだろう。僕に触って嫌だと感じていないだろうか。それが気になるな。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
二年前にイーバンクで口座を作った記憶があるのですが、
全然使えないうちに期限が切れました。
ネット通販にはまっているので、一つちゃんとした口座を持とうと思って調べたら、
なかなか良さそうなものを見つけたので貼っちゃう。

カード決済も楽だけど、怖いし。
口座はあったほうがいいよね…と悩む今日この頃です。


----------------------------------------------------------
【PR】

eセービング」とは、シティバンクの提供する、新しいインターネットバンキング専用の円普通預金口座です。ご来店の必要無しで、インターネットでスピーディにインターネットバンキング口座開設のお申込みができます。

【Point1】記帳不要のスマートなインターネットバンキング専用口座
【Point2】ネットからのお申込みから最短3営業日で口座開設
【Point3】円普通預金に年利率0.50%(税引後0.40%)適用中(※2008年04月現在、変動金利、お預入金額1,000万円まで適用)
【Point4】口座維持手数料無料、シティバンクのATMなら24時間手数料無料
【Point5】日本でも、海外でも、バンキングカード一枚でOK
----------------------------------------------------------
「ああ、また消さずに出かけたのか」
 鶴前さんがそう呟きながら画面をクリックした。
ひょいと前屈みになった姿を横から見ていてドキドキしてしまう。
落ち着け、自分。
前屈みになった所で相手が女性では無いのだから胸の谷間が見える訳では無い、何も覗けないのに、どうしてこんなにドキドキするのだ。

この調子ではバイトが続かないぞ。

「それは、営業の人のパソコンですか」
 手に汗をかきそうだ。
横顔を見ながら話しているだけで、これだ。
「そう、その人は僕の相方……で。仕事上でコンビを組んでいる営業担当のパソコン。いつも消し忘れて出かけるから、こうして皆に落書きをされるのさ」
 ほら、と見せてくれたデスクトップには黒い猫のイラストが描かれてあった。
「可愛いですね。もしかして鶴前さんが?」
「あはは、僕じゃないよ」
 ふっと噴出してから、妙に落ち着いた表情になった。

「僕は、あの人にそんな事は出来ないな」
 
 あの人? その言い方だと上司と部下みたいだ。
この営業担当は鶴前さんよりも年上の人なのだろうか。
「どんな人か、早くお会いしたいです」
「うん。……夕方には戻って来るよ」
 カチカチとクリックしてばかりいる。
消えないのだろうかと画面を覗いたら何も無い所をクリックしていた。
ぼんやりして、どうしたのだろう。

「あ、ああ。ごめんね」
 もしかして、僕の事を忘れていたのかな。
「仕事を始めよう。まずは……コピー機の用紙を確認して。補充は隣のキャビネットの中に在庫があるから」
「はい」
 事務の雑用か。この程度ならバイトを雇う事もない気がするけど。
「あ、十時になる。忙しくなるかも」
「え? どうしてですか」
 腕時計を見ていた鶴前さんは僕に頷いて、さっと何かをメモし始めた。
「僕にすべき事を教えてください」
「うん。電話が鳴ったらこの通りに用件を聞いて欲しい」
「電話ですか? いきなり、僕が取っても大丈夫ですか?」
走り書きされたメモを見てにやけてしまった。
角張った癖字が個性的で可愛い。
「……読める?」
 心配そうに僕の顔を覗き込んだので、顔の近さに心臓が止まるかと思った。
「あ、はい、大丈夫です」
「良かった。じゃあ、お願いしますね」
 しかし、お願いされても大丈夫だろうか。
 僕はまだこの会社の取り扱う商品が何かさえ聞いていないのに、このメモには『後程折り返しますので電話番号を教えてください』とか、『具体的な事はわかりかねます』なんて、こんな受け答えで許されるのだろうか。
「不安そうな顔をしないで。この部屋には電話が五台あるからね。それを僕と犬山くんで応対しなくてはいけないのだよ」
「そんな、一斉に鳴ったりしませんよね」
「鳴るから、きみに来てもらったのだよ? 頑張ろうね」
 ぽん、と背中を軽く叩かれた。
わ、触られたとドキドキしたら、何故か前鶴さんも目を丸くして僕を見ている。
「凄い筋肉。見た目ではわからないものだね、びっくりした」
「そ、そうですか?」
「逞しくて、頼りになりそうだ」
「そんな事は……」

あなたが細すぎるのだ。
体にぴったりするスリムなスーツを着て、女性社員に妬まれないだろうか。
腰の位置が高いのが足の動きでわかる。
このすらりと伸びた足が華奢な体を想像させてしまう。
それに袖から覗く手首の細さにも目を奪われそう。
本人は無意識なのか、漂うこの魅惑的なフェロモンは正しく、華だ。
「電話の洪水、一時間は覚悟してください」
僕の心の中での賛辞を他所に、鶴前さんはデスクの隅にちょこんとお尻を乗せた。
横着な姿だけど、手元に電話を引き寄せているから何か考えがあるのだろう。

「このデスクの上を走ったらごめんね」
「はい?」





4話に続きます。エロが無いと更新が確実にできるから嬉しいけど複雑だ…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。