FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 琉の営業成績に戸惑いを覚えながら、創はデスクに戻った。
ネクタイを緩ませて「ふう」と息を吐くが落ち着かない。
「なんか疲れた顔をしてる」
「は?」
 創が顔を上げると琉が頬杖をつきながら眺めていた。

「買い物カゴはどうなった?」
 痛いところを突かれて、創は眉間に皺が寄る。
そして疲労を感じたのか眼鏡を外して目元を指で押さえた。
「まだ返事が来ない」
「そうかー。大口の契約だもんなー、そうやすやすと決定がおりないだろうねー」

 創は『おまえの・のし紙ライターはどうなんだ』と言い返したくなる。
しかしこれは八つ当たりだ。
買い物カゴとは比にならないが、高価な機械を電話で購入させた琉の手腕には驚かざるをえない。

「明日は本社に行く予定だから、そこで話をつめてくるつもりだ」
「じゃあ、明日のお楽しみだねー」
 
 琉は創に微笑みかけると「さてと」と言いながら発注書を取り出す。
そしてパソコンの画面を見ながら「やっぱ、種類が多すぎるなー。手間がかかりそうだ」とぼやく。
 気になった創が眼鏡をかけ直しながら琉の手元をのぞきこむと、のし紙を発注しようとしていた。
のし紙の種類は多い。
葉書サイズから始まって、最大A4サイズまであり、しかも短冊形まで製造されている。
これをすべて自社で扱うとなると、相当な手間だろう。
しかしのし紙ライターを買わせたのだから、のし紙も在庫を持たなければならないのは当然だ。

――のし紙ライターとは『お祝』や『快気祝』、そして差出人の苗字など、
今まで店員が直筆で書いていたのだが、その手間を省く機械だ。
しかもきちんとのし紙をセットすれば、誰でも読める美しい字を書くので重宝する。
これは人件費の削減にも貢献するのだ。

「さてと。商品部に寄ってから帰ろうかなー」
 琉は立ち上がるとカバンと発注書を持ち、パーテンションで区切られた商品部のブースに行った。
それを見送っていた創に「油断しているとすぐに抜かれるぞ」と部長がハッパをかける。
「そうでしょうか」
「同期同士で切磋琢磨すれば、会社としては有難いんだけどね」
 そして部長もカバンを持って「定時だから帰るよ」とだけ言い、営業部から出て行った。

 しかし創は見逃さなかった。
部長は商品部に立ち寄り、どうやら琉の急ぎの発注をとおそうと力を貸したのだ。
 上司の応援があると意欲が変わってくる。
これで出世欲がなかった琉にも、仕事に対しての貪欲さが備わることだろう。
 
 創は負けられないと感じた。
眼鏡を指で上げるとパソコンの画面を見ながら買い物カゴの試算をしてみる。
全店購入なら、今までに無い高額の取引だ。
 創は胸の高鳴りを覚えながらもデスクの上で両手を組み、努めて冷静さを保った。
これなら琉の・のし紙ライターの売り上げを抜くことができる。
気分よくカバンを持つと、創も営業部を後にした。


 創が駅に着くと山間部に集中した豪雨の影響で、電車のダイヤが乱れていた。
ホームの電光掲示板は沈黙し、駅員が乗降客を誘導している慌しい中で、
創は腕時計を見ながら電車を待った。
 いつもなら自宅近くの駅に着いている頃だ。
だが電車は一向に来る気配が無い。
遠回りだがバスで帰るかと思ったとき、ホームに琉が駆け込んできた。
「お疲れー!まだ電車は来ない?」
「あ、ああ。まだ…」
 創は琉のテンションに圧倒されて言葉が続かなかった。
「やだなー」
 琉は大きなため息をつきながら、ふと創を見上げる。
「明日は朝から本社に行くんだろう?だったら社用車を借りて帰ろうよ」
「はあ?」
 意外な意見に創は面食らった。
「自宅から本社に直行すればいいよ。僕が部長にそう言っておくからさ」
 琉に腕をつかまれて駅を出た創は、会社に戻り社用車を借りた。
そして総務に「明日は直行します」と伝え、了解を得た。

「なーんだ。僕が話すつもりだったのに」
 琉は頬を膨らますが、何故か社用車に乗り込んでくる。
「おい。おまえを送るなんて聞いていないぞ」
「いいじゃん、たまには。ドライブしようよ」
 あっけらかんとした態度の琉に、創は勝てる気がしなかった。
なによりも営業成績で負けそうだと危機感を募らせているので、創はため息をついた。
「家、どこ?」
「国道を東へまっすぐ。後は『ここで右折』とか言うよ」
「…わかった」 
 なんともいい加減なナビである。
「突然曲がれとか言うなよ?」
「わかっているって」
 琉は楽しげに鼻歌まで歌いだした。
「面白いなあ。僕に営業成績を抜かれたらどうしようって顔をしてる」
 いきなりの直球だが創は落ち着いていた。
散々悩んだせいだろう、自分を取り戻していた。
「すぐに追い抜かすから平気だ」
「そうでなきゃ!」
「はあ?」
 創が隣の琉を見ると嬉しそうだ。
「競い合うのがそんなに楽しい?」
「相手が創だからだよ」
「ふーん」
 創は聞き流したが琉は真剣な眼差しで創を見つめていた。

5話に続きます
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。