FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「自分で目覚めないといけないよ。」
佐紀の声がバスルームに響いた。

はっとして、顔を上げた。佐紀はいない。
感じていた冷たい体温もない。

繋いでいた手を、離されてしまった。
途端に聞こえていなかったシャワーの音が激しく耳を打つ。
おかげで、ざわざわした雑音は聞こえない。

背中にかかるぬるめのシャワーが、だんだん現実を感じさせてきた。
わかる。
今・自分がひとりだっていうことが、よくわかる。
薬が抜けてくる時間なのかな。
体がどんどんだるくなってきた。

立っているのもやっと。バスタブの縁に腰掛けた。
汗が出る。
佐紀はいない。
最初から存在してはいけないひとだったのに、俺はここまで引っ張ってきてしまったんだ。


堪えてきた負の感情を一手に引き受けていた、もうひとりの俺の佐紀。
ひとつになりたい、それは・・・認めるということなのかな。

俺は今、眠り続けようとしていることを。


バスタオルで体を拭きながらパソコンを立ち上げた。
医者からのメールが来ていた。
やけに細かい字で書くんだな。
読むのも疲れそう。

<・・・・・・・・・・・傍に誰もいないはずなのに声が聞こえると、先日話してくれましたね。その後。いかがですか。まだ、何か聞こえますか?なんていっていますか?>

キーボードの前に散らばっていた薬。
まとめて飲むと幻覚や幻聴を引き起こすばかりでなく、数時間後に全身の虚脱感を引き起こして無気力になる。
逃げ出したいなんて、どうして思えたんだろう。
俺が死ねば佐紀も死んでしまう。
・・佐紀を殺してしまうところだった・・。

おじいちゃんが迎えに来ていることを気がついたには佐紀。
本当の自分を目覚めさせないと連れて行かれるところだったんだ。

ありがとう、佐紀・
でももう呼べないようにするよ。



「大丈夫です。もう目を覚まさないといけない気がするので。」
返事を打ちながら、軽いめまいがした。
自慰で久しぶりに抜いたから、眠くて仕方ない。
このまま・・・寝たらいけないね。
もう声はしない。




拍手を押してくださるとお礼のSSがありまする。ホモです。



書いていて自分の病がぶり返しそうでした。
半年前に、うつな状態になりまして。
多重人格とかいろいろ疑われましたが、あれは半年ないし1年以上続いているとそう診断されるようですね。
私は、その規定にあわなかったので「そうではない」との診断でした。

正直に、この病でBLはないだろうとも思いましたが。
うつになると性欲減退するんですよ。
人間として大変なことなので。

もっと上手く書けたらいいのに~とジレンマ起こしかけています。

このもがきが、私を成長させたらいいな。

おかしなおはなしですみません・・。

♪セイグッバイトュモロウ
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/114-0ddcbcc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。