FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住民登録者数は全国3番目。空を突き刺す高層ビルに護られた、この都市の主要駅は出入り口が2箇所ありました。
正門と呼ばれる東出入り口。
こちらはお日様の光を浴びた高層ビルが乱反射して、眩しいくらいです。
その光のせいなのか、若者向けのファッションビルや世界に名だたるブランドのビルも建ち並んだ少しすました街並です。
かたや、逆門と言われる西出入り口。
昼間でも逆方向のせいでこちらは高層ビルのおかげで日陰。水が出ないのに取り壊されずになぜか存在している噴水も落書きだらけ。やる気のないタクシーが並んでいます。一面はオレンジのレンガ貼りの舗装をされた歩道なのですが・・その行き先は地下道。逆門では、お店は地下に存在していました。人々も地上を歩かずに地下へもぐりこみます。なんともアングラな雰囲気が漂うこの逆門。
地下で輝くお店は、ウイッグからラバーソールまで。正規の商品からコピーまで。市販の薬から違法ドラッグまで。子供向けの良本はなくても盗撮まがいの本は揃う。多種多様なものを扱うさまざまなお店が立ち並んでいます。

面白いもの。楽しいもの。汚れているもの。きれいなもの。退屈をごまかせるものを求めてひとは集まりました。

「今日は何時からでした?」
その声で逆門のコンコースの壁にもたれていた男子が顔を上げました。
「12時です。」
「じゃあ、一緒ですね。そろそろ行きますか。」
黒いキャスケットを深く被った男子が行動を促します。
「は~い・・。」
だるそうに壁からゆっくり離れます。
その動きを見てキャスケットの男子が苦笑します。
「今日も眠いですか。越屋さん。」
「そんなことはないですよ。・・長押さん。」
「何時に寝ました。」
「2時です・・。」
「俺も同じです。お互い寝ないようにしましょうね。」
キャスケットの男子・長押真樹(なげし まき)は、はきはきした子のようです。
逆にこの子は。
「長押さん・・今日も元気ですね。」
だるそうな子は越屋 空(こしや そら)。
ふたりは背が同じくらいです。
「元気じゃないですよ。越屋さんに会えたから元気です。」
「長押さんはそればっか・・。」
空は真樹のほうをみないまま。
「じゃあ。行きましょうか。」
2人とも黒い服です。
袖が折り返しのカフスになっている白いシャツの上におそろいの黒いジャケット。
パンツは違いました。
空はところどころ破れたブラックデニムで。
真樹は黒のスリムパンツ。
しかし2人ともごつごつしたブーツで、どうしてこんなに早歩きが出来るのでしょう。

「あ。アングラの店員だ。」
すれ違った女の子が声をあげました。
「顔が見えない~・」

「見せてたまるか。」空が呆れて呟きます。
「けちだなあ。顔くらいいいじゃないですか。」
「長押さん。その帽子を外してから言ってください。」
「ふふ・わかりました?」
ふたりが早歩きで向うのは、やはり地下。二酸化炭素が蔓延している朝と夜の区別のつかない街です。



2話に続きます。




拍手のお礼のSSを増やしました。ランダム表示ですが。
  ホモでも読んでくださいますか・・?

  よろしければ・・ぜひ

●拍手ありがとうございます●

なかなかレスができなくてすみませんでした。これからは這ってでも毎日レスします。
柊の楽天でのブログ「ヒロガルセカイ。」よりも沢山の拍手をいただけて・・すごく嬉しいです!!ありがとうございます!!!
励みになります。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/139-5e29c127
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。