FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.16 流れ星。4
結構、大胆だったりするんだ。
ここにいるのは俺だけじゃないのに。久実もいるのに。
もしかして俺しか見えてないのかな・・?
俺のほうしか見ていない瞳に捕らわれそうなんだけど。

「別に、付き合って欲しいとかじゃないんです。ただ、俺の気持ちを聞いて欲しくて。こまらせるつもりはなかったんです。」
「困ってないよ。驚いたけど。」
俺は思ったままに答えた。
1対1で告られても、同じことを言えたかわからないけれど。
今はとにかく理真を皆の前で、道化者にしたくないから。
「え~・困ってないの?」
「久実は黙ってろよ。」
気持ちを察しろよ。
理真が真剣に告ってるなら、聞いてあげないと。
でも元々はおかしくない?
同性だし。

「あの、杏さん。杏さんにとって、俺はどんな位置にいますか?それを聞かせてください。」
今頃緊張してきたのか、声が震えている。
そんなに真剣なの?
俺のことを?
「理真は・・・バイト仲間で。」
「それだけですか、やっぱり。」
「頼りになりそうだし。ほら、昨日・・・助けてくれたから。」
「あのとき、俺は正直気持ちをぶちまけたかったんです。前から杏さんが好きだったから。
仕事を真面目にこなしている姿が、きらきら輝やいて見えるんです。
靴のこともよく知ってるから頼りになるし。尊敬してるし。
抱き上げたときに、軽くて。いい匂いがして。」
「あの。あのさ、理真?」
久実が頭を抱えてる。
それどころじゃない、不審な動きに他の連中が気づいてこっちを見てる。

「すっごく好きなんです。」

「わかったから、場所を変えて。お願い。」
「俺はかまいません。杏さんの気持ちを聞きたいんです。
言ってくれなきゃ動きません。」

頑固だったのか。
真面目だな~とは思っていたけど。
「あのう・・。バイト先でもいい?ここでは言えない。突然だったから。」
「あ、はい!待っています。」
といいながら、動かない。
やっぱり言わないと動かない・・。
呆れた俺に、

「杏さん。俺のこと、好きになってくださいね。」

自分に自信があるのかな。そんなに言い切れるものなのかな。
俺は、どきどきしてきた。
後輩・しかも同性からの告白かあ。
箱に落ちた俺を助けたあの日から始まったと思ったら、もっと前から俺を見つけていたのか。
どうしよう、すごく嬉しいんだけど。

子供の頃に、流れ星を探して一晩中夜空を眺めた日があった。
何を願おうとしていたのか思い出せないけれど、その日は流れ星がひとつも見えなくて・見つからなくて。
しょんぼりしたことだけ覚えてる。

探そうとするから見えなくて。
探さなくても、気づけばそこにあるキラキラしたもの。
「杏さんの輝いてる姿が、大好きなんです。
俺じゃあ、支えになれませんか?」

理真のまっすぐな気持ちが、俺の欲しかったものなのかな。
ここまで俺を好きと言われたら。
見つけてくれたなら。

「俺は輝いていないけど。理真と、夜空が見たいなあ・・。」

「え、俺でいいんですか!ほんとですか!!いいですよ、夜空ならいくらでも付き合います。」
そんなに嬉しがってくれるんだ。
「実は一昨日。俺、流れ星を見たんです。お願いしたんですよ~。
願は叶うものなんですね!杏さん。
これって、何処にお礼を言えばいいんですか?」

「・・知らないよ!」
顔が赤くなってしまった。
お願いしてくれたんだ、俺なんかのこと。
ああ、きみにお礼を言わなくちゃ。
でも少し待っててね。どきどきが治まらないんだ。
まともに顔が見れないや、昨日みたいに箱に隠してくれないかな。


おわり。いつもありがとうございます。











スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/163-439f2316
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。