FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
請われるままに伸ばした手は胸をまさぐり、そのまま吐息に流されてシャツを脱がせてしまいました。
「ここ・」
あらわになった胸元よりも、ベルトで締め付けた下半身を楽にして欲しいとねだります。
「あなたに脱がせて欲しいんです」
小鳥がついばむ様なキスをしてきました。
「早く、」
囁く声は悪魔の仕業ですか。

和希はベルトに手をかけます。
スカートは脱がせたことはありますが、いまだかつて他人のベルトを外したことはありません。
穴から外すと、そのまま手を離してみました。
ずるっと抜け殻のように落ちるかと思ったのです。スカートと同じに。
「そんなんじゃ脱げない、和希さん」
れおんちゃんは和希の両手を掴むとパンツに隠された自分に下半身に導きます。
「わ!・・熱い・・!」
ひゃっと、背中を震わせました。
「熱いじゃなくて・・硬い・でしょう?もっと触ってみてくださいよ」
ぐいっと自分の自身にこすり付けます。
「や、ちょっと!何するんだよ」
そこには小石のように硬くなった、れおんちゃんの自身が。
先がじっとり濡れています。先走ってしまったようです。
げえ。やっぱり男です、間違いなく。
でも、この可愛い顔。いやらしい腰。
なんだか熱に浮かされそう・・。

「もっと触って構いませんよ」
吐息に混じるかすれた甘い声に騙されています。
手を動かしてみると、当たる当たる。
何度確認しても、やっぱり男。
ゆっくりと頭を持ち上げたそれの感触を確認していると、れおんちゃんがしがみついてきました。
「や、和希さんたら。・・そんな焦らしたら困る」
和希のシャツをたくし上げると、下半身を押し付けながら腰を振ります。
「ねえ、ここまで来て。このままじゃイヤですよ?和希さん!」
言うが早いか。
和希の肩に噛み付きました、その行為で和希に火がつきました・・!!

感じた女の行為と、違わない・・!!

れおんちゃんのパンツをぐいっと下ろしました。
「あ、」
れおんちゃんは挑発しておいて恥かしくなったのか、思わず股間を隠そうと足を組みます。
「無理、出てるから」
和希は下着を引張ります。
「あ・・」
頬を赤くして俯くれおんちゃん。
さっきまでの勢いはどこへやら・・。

「何で顔が赤いの」
和希が聞くと

「いきなり積極的になるんだもん、和希さん。どきどきした」
下着をゆっくり下ろしながら和希が笑いました。
「ここまで来たら試してもいいかもと思って。なあ。足を・・開けよ。そのままの格好で、じっとしてろよ」


●これはエロすぎませんか 柊さん●

よい子は見たら鼻血かなあ。そうでもないか。

本店「ヒロガルセカイ」コメ中止しましたので、もしも「ヒロガル」から飛んできてくださった方、お見えでしたらすみません・・。

前々から考えていましたが。もう限界ヨロシクでした。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/181-d9fcecc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。