FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ち葉を踏みしめて秋の風に吹かれて歩く華奢な高校生のあとを、小熊のような体格の高校生が付いて歩いています。
「真夏くん、凄いねえ。この間まで緑の葉だったのに、もう朽ちてるよ。冬が来るんだねえ~」
子供のようにはしゃいでいます。
「パンダ。寒くないの?早く帰りたい」
真夏は首にくるりと巻いたマフラーを唇に触れるくらいまで引き上げます。はあ、吐く息も白い。見ただけで寒い。
「僕は見たとおりの体格だから寒くないよ」
「?くっついてみていい?」
おお?
真夏がパンダに寄り添います、「あったかいね~パンダ!!」
嬉しそうな弾んだ声に、パンダは太っていてよかった・・!!と感激。
華奢な真夏を護るべく、手を繋がせてもらいます。
「手もあったかい!」
大喜びの真夏に負けないくらい、パンダも嬉しい。
この嬉しさ持続させたいところですが、可愛い真夏にはちゃ~んと彼氏がおります。パンダも認める猫目のパティシエ。
「そういえば冬至くんは?最近、また見かけないね~」
「冬至、忙しいみたいなんだ。全然会えないんだ・・」
寂しそうな真夏、俯いてしまいました。
これはいけませんよ、真夏の友人としては、ここは真夏の笑顔を取り戻したい!!
「真夏くん、あったかいものでも飲もうか!」
「珈琲のみたいな・・」
真夏は甘いスイーツを食べて生きている子ですが、飲み物は甘いものは飲めません。珈琲もブラックを好みます。そのほうがスイーツの甘さが引き立つからです。この子なりに考えてスイーツをほおばっている様子。しかし珈琲の苦味消しに、スイーツを余分に食べる行為に自覚がないのですが・・。
「この公園の脇にカフェができたんだ。そこに行こうか」
「へえ・・いつの間に?」
落ち葉をカシュカシュと踏みながら、公園を横切ります。
途中、女子高生の群れとすれ違い、
「あのひとかっこいいよね~」
「名前なんて?今度聞かなきゃ」
きゃいきゃい騒いで楽しそう。
「ね、今のひとも可愛くない?ね、ほら!」
「わ、ちょっと写メしたい、」
なにやら背中越しにひとが集まる気配です。
パンダは真夏の腕を掴むと猛ダッシュ。

「なにあのクマ!はやくない?」

クマじゃありません。パンダです。
「なに、どうしたの?ちょっと!」
パンダのダッシュの意味がわからなくてぶうたれる真夏の横で、ぜいぜい息を切らす哀れなパンダ。
「ま、なつくん!・・もう、すこしは、」
「パンダ?汗かいてるよ。大丈夫?」
顔を近づけておでこの汗をハンカチでぬぐってくれました。
二重の大きな瞳を間近に見れて嬉しい、息がとまりそう・・苦しい?

「パンダ?」

真夏の声が公園に大きく響きます。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/184-572edd90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。