FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなにケンケン言わなくてもいいのに~。
正面を見て背中を正す。
これでいい?とまた隣を見たら、知らん顔された。
つれないな~。
「二度も言わせるな!前だけ見ていろ」
口を尖らせてる、かわいいな~。
「だって・ケイタ・・寒そうだから心配で」
「心配なら、早く部屋に着けろよ」
ぐす。
あれあれ・・?鼻をすすったよ。
「ケイタ・・風邪ひいたの?」
「そうかもね。今日は寒いから」
「他人事みたいに言うなよ、大変だ。熱ある?ねえ」
ひょいと、おでこを触った。
とたんにぶたれた。「触るな!」

「前を見てろって!何度も言わせるな」

ああ・・怒ってる怒ってる。
でも触れた、らっきー。
「おでこ、熱いよ。病院に行こうよ」
「早く寝れば治る」
どうしてそんなに言い切れるんだよ。
赤いほっぺたしているのに。
ああ、そこも触りたいなあ。
「風邪薬あるでしょ?」
「あ、うん。常備薬にあるよ・・」
「それでいい。飲んで寝れば治る」
シートにもたれたケイタの赤い頬に不安度倍増。
「ヒエピタ買う!」
「はあ~?」
強引にドラッグストアに車をつけて、風邪薬コーナーを目指す。
盛りだくさんの薬を横目に、ヒエピタ ゲット。
ひとつ持ってレジに向おうとしたら、
向かいの棚には なんと ゴムがぞろぞろ置いてある。
どきどきした、コーナーの展開に意義アリだ。
風邪ひきながらでもセックスしたいバカップルが、
この世の中には溢れているのかな。
熱っぽい相手を無理やりに・・?

待てよ?いいかも!!
なにより抱いたらいつもよりあったかそうだ・・?!

いつも勝てないケイタに、勝てるときが来たのかも!!
ようやく、思うままに抱かせてもらえるのかも!!

「何やってんだよ」
その声にびくっとした。
そうだ、一緒に来たんだった・・。
「ちっともレジに来ないと思ったら。
何考えているんだ、この変態。これをどうしようって言うんだ?」
いちごのフレーバーのゴムを取り上げて、まじまじと見ている。
おろおろしながらも、・・実は使いたくて仕方ないんですが。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/195-22bb0097
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。