FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「そばにいて」
苦しそうな声、汗だらけ。
いつも無敵なケイタがこんなに弱ってる。
「うん。うん」
頼ってくれたんだ・・。
いつもはこんなじゃない。

「親みたいにウダウダ言うんじゃねえ」
「ひっつくな、キモイ」
「自分のものは自分で洗濯するから触るなよ!」

ああ、あの罵倒された日々が嘘のよう。

じ~んときながらも・・なんだか不安だよ。
「病院に行かなくていいの?」
「へーき、だから。ここにいてよ」

泣きそうだ。
こんな可愛いことを言ってくれるなんて。
そんな日がきたなんて。
手を繋いだまま、傍にいようと決めた。
な~に、寝なくたって大丈夫。
一日くらい、不眠不休でもなんとか仕事をこなしてみせる。
だからケイタ。
「早く治るといいな」
いつもの生意気な声を聞かせて欲しいよ。



パンの焼ける匂いで目が覚めた。
がばっと起きたらケイタがいない。
え、どこ?
「おはよう・・昨日はありがと」
ロールパンを焦がしたケイタがキッチンにいた。
こころなしか、照れてない??
「焦がしたからさ」
そうじゃないよね?
「ケイタ~~!!」
飛びついて抱き締めた。
なんて可愛いんだろう。
つきっきりでいたことに感謝してくれるなんて。
「パンが落ちるだろう!」
ああ、いつもの声だ。
「ケイタ、お礼なんか言わなくていいんだ。当たり前のことなんだ」
「・・へえ?
俺はあんたがよく手を出さなかったな~と感心してたんだよ?」

え。

「いつもは隙を伺って飛び乗ってくるのに。よく我慢したな~と」

え、誉めるところはそこですか。

「あんたを見直したよ。ありがと」
不敵な笑顔。
あ、損したのかも・・。
もしかして覚悟してくれていたのかも?

でも元気になったから・・許してくれるのかな?今夜あたりは。
あのゴム使えるのかな。


おしまい。
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/201-8e0c0096
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。