FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.22 傾城の微笑。5
花魁見習いとなった高尾は「新造」と呼ばれました。
「高尾新造・まずは先輩花魁について、いろいろ教わるんだよ」
松葉屋の主人が上機嫌で、花魁の部屋に連れて行きます。
「身の回りのことや、立ち居振る舞いなどをね」
「はあ」
気の抜けた返事をしながら、「花魁、いいかな?」
主人も気を使う、襖の向こうの花魁とは?
「瀬川でありんすよ」
松葉屋の看板太夫、瀬川です。
年は高尾よりも上でしょう。
そしてまるで島原のような白塗りに紅をさしています。
のっぺりとしたうりざね顔に、この化粧。
まるで歌舞伎ものです。
「この新造に、教えろと?」
値踏みするようなものの見方をしてきました。

「なるほど。仕込んでおきやしょう」

瀬川太夫の部屋に入ると、高尾は鼻をくんくんさせました。
「いい匂いですねえ」
「わかるかい?香をいただいたのさ」
ふうと吹けば飛ぶような木屑にしか見えませんが。
「香道もたしなみのひとつですか」
「おや?おまえさんはどちらの出だい?」
香道と言う言葉を、見習いが知るなんて?と瀬川太夫は訝しげに感じます。
「西です」
高尾はそれ以上のことを話す気がありません。
「ほお。たいしたタマだね。
おまえさんは男を知っているのかい?」
「同じ男でしょう。知るもなにもない」
瀬川は高笑いすると
「教えてあげようか?」
ぐいっと高尾の袖を引張りました。
ざざと畳の上に腕を滑らせます。
「痛いなあ」
睨みつけますが、瀬川は面白そう。
「見せてみい」
着物の裾をぺろりとめくります。
普通なら、ここで降参するでしょう。
しかし、高尾はあらわになった足をすらりと伸ばして見せました。
「は・・」
際まで見えてしまいそう。
「欲しければ代価をいただきます。俺は安くないですよ」
 
どちらが先輩花魁なのか・・。

手出しの出来ない瀬川は、さっそく馴染みの客の座敷に高尾を呼びました。
まだ何も知らない高尾に、座敷で恥をかかせてやろうと言う悪戯心でしたが・・

酒を勧めても飲みません。
踊れといったら「兄さんの舞が見たいなあ」
歌えといえば「兄さんの声を聞かせてくださいよ」
客もうすうす気がついて面白がり出します。
「瀬川もひとが悪いなあ」
豪快に笑うと、
「なにが食べたい?新造さん」
「菓子」
料理の中で一番高いものを要求しました。

この時代、砂糖は高価なものでした。
刺身の台よりも。

「おやおや。これはまいったねえ。新造さん?床をとれるかい」
「いいですよ」
花魁は初会の客は床をとりませんが、馴染みは別。
しかしこの客は瀬川の馴染み・・。
馴染みが花魁を変えるのは、吉原での規約違反になります。

「兄さんの代わりに床をとりましょう」
不敵な微笑。
兄の客なら、違反ではありません。

そして異例の床とりで、客に奉仕しました。
入れさせずに、指で扱いたのです。
「高尾・・と言ったな」
喘ぐ客の自身も震えています。
果てた後を始末する高尾に、

「高尾の花魁道中が見たい。花代を出す。総仕舞にさせてもらうよ」
「おや?そんなことをしたら、瀬川の兄さんが呆れませんか」

「高尾の顔に、そうしろと書いてあるよ」



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/210-55e1a9a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。