FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の朝は独り寝には辛い。
またしてもケイタに拒否られて、別々に寝ている同棲暮らし。
冬こそお互いの体温で暖めあいたいものなのに、
このせつない気持を理解してくれるように話し合いたいぞ今日こそは。
寒さに凍えながら気合で開けたカーテンの向こうはボタン雪。
「はあ?」
見れば車はこんもりと雪に覆われている。
「えええ~、ちょっと!」

「うるさい!朝から騒ぐな」

ケイタの声、もう起きていたんだ。
暖房を入れてリビングを暖めてあげなくちゃ、ケイタが凍っちゃうよ。
ばたばたと部屋を飛び出したら案の定だ、ケイタが固まってる。
「寒くないのか?この変態」
ああ、いけない。
昨日は寝酒をしたから体が熱くて裸で寝たんだった。
「変態は寒さとか感じないのか」
心配してくれているんだね、やさしいな。
「大丈夫だよ、ケイタ。このとおり元気だ」
「その格好ではご近所が通報するから、早く服を着ろよ」
ご近所?
ああ!
リビングのカーテンが全開だ!
只今、小学生が集団登校の時間じゃないか。
これはいけない、いたいけな子供に大人の裸は刺激が強すぎる。
「どうしてカーテンが開いているんだ・・」
「雪が見たくてさ。まさかあんたが裸で出てくるとは思わないから」
そうか!そうだよな。
ケイタは平然とロールパンをかじっている。
「キモイから早く服を来てこいよ!」
ああ怒られた・・。
ブルーな気持でスーツを着て出てくると、まだケイタがいた。
「あれ?ケイタ・・学校は・・?」
「待ってたんだよ、あんたを」

え~~!!嬉しいなケイタ!

「早く車を出せよ」
あ、そうか。




スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/222-92343e3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。