FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ここまで言わせちゃいますか?」
杉菜が微笑しています。
「あまり、ふらふらしないでください。
相手にその気があると思わせないように。
あなたを見ていると心配になります」
話しながらも、杉菜はラッピングを見事に仕上げます。
レジの子に番号札の控えと一緒に渡すと、手際よく後片付けをします。
「杉菜さん。マネージャーから内線ですよ」
杉菜が呼ばれて行きました。

「枝垂さんはミドリちゃんがさっきから呼んでいます」

レジの子が、申し訳なさそうに言います。
「うん、気づいていた。ごめん」
「え、スルーですか?」
アイドル扱いのミドリをスルーなんて、考えられないことでした。
「枝垂さん、やっぱり杉菜さんが好きなんだ?」
「やっぱりって」
「杉菜さんといるときの枝垂さん、すごくいい顔をしているんですよ」
言われても、これは気づいていませんでした。自覚が無かった。
「好きなひとにだけ見せる顔って、あるものなんですね」

その会話を、ミドリがしっかり聞いていました。
いつの間にかレジの後方に入り込んできたのです。
「いやだ」
声で気がつきました。気配を感じないほどに杉菜のことを考えていたようで。
「ミドリさん、こんなところに来ちゃいけないでしょう。売り場に戻って」
「どうして杉菜さんなの?
あのひとはマネージャーと出来ているのに、そんなひとでもいいの?」

初めて聞きました。そんなことは噂にも聞いたことがありません。

「おかしなことを言わないで。杉菜さんが聞いたら怒るよ」
「枝垂さんも怒っているんだ?本当のことなのに!
見たんだよ、マネージャーが自分の車に杉菜さんを乗せて帰るところを。おかしいでしょう、出来てるよ、絶対!」
拳を枝垂の胸にこつこつ当ててきます。
まるで閉ざされてしまったドアをノックするように。
どうしても開けたいのです。
どうしても入り込みたいのです。

でも。

「ミドリさん、売り場に戻って」
枝垂は突き放しました。
「仕事中でしょう?おかしなことを言わないで、仕事をしよう」
ミドリが悔しそうに唇を噛んで、出て行きました。
「あんなミドリちゃん、初めて見た!」
レジの子がびっくりしています。
「それに変なことを言っていたね」

「嘘でしょう。忘れようよ」

自分にも言い聞かせるように呟きます。
ようやく芽吹いた恋心に、不安の陰が伸びているのを認めるわけにはいきませんでした。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/229-4a9e4c46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。