FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒さが戻ってしまった3月です。
つぼみを膨らませていた桜の木が、きっとこの寒さに動揺していることでしょう。
「寒いねえ」
吐く息が真っ白です。
教室の窓ガラスが、真夏の息で曇りました。

「おいおい君たち!暖房の温度をもっとガンガン上げたまえよ!
真夏くんが寒がっているじゃないか!」

地球にやさしくない男がやってきました。

「・・立秋。おまえはCO2削減とか考えないのか?
ストップ地球温暖化だぞ」
「何を言っているんだい、真夏くん。
僕はね、大事なきみが寒さに凍えて病気にならないか心配なのさ。
地球規模でものごとを考えるなんて、
真夏くん・今日のきみはいつになく眩しいよ」

近寄ろうとしたら、パンダに突き飛ばされました。
「うおい!何をするんだい、パンダ!」
「あ、ごめんね陸奥くん。そこにいたんだ?」
落としたカイロを拾っていたようです。
「真夏くん、カイロをひとつあげるよ」
パンダが暖めていたカイロを真夏にあげました。

「ありがとう、わ~あったか~い」
「早く春が来るといいねえ」
にこにこしているふたりを邪魔したい立秋ですが、

「あ、お迎えだよ」
パンダが冬至の車に気がつきました。
「あ、本当だ。じゃあね」
急いでカバンを持って教室を飛び出します。

「おのれ将軍、あいつこそ地球にやさしくないじゃないか!
車の排気ガスもCO2の原因だぞ!
これからは歩いて迎えに来いといってやろう!!」
激怒しながら携帯をかけると

「真夏ちゃんのためなら、歩いてでも来ますよ?」
平然と言い切られて、さらにお怒りです。
「・・そんなことより。早くパンダと一緒に降りて来て下さいよ。
今日は寒いから、送りますよ?」

「わかった、すぐに行こう!」
「え、なになに~~」理解していないパンダを引張って、白い息を弾ませながら立秋が真夏の後を追いかけました。

早く春が来るといいですね。


スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/237-b2987971
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。