FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の向かい風が強くて自転車がなかなか進みません。
それでも重いペダルをぐんぐん漕いで、
桜並木を目指すのはそこに待つひとがいるからですね。
遠くから見ると真っ白い桜も、
近くで見ると花びらが沢山重なり合って何事かを囁いているようです。

ふんわりと、花びらが舞い降ります。
その風の吹く方向に、
ぼんやりと座り込んでいるアッシュブラウンの髪の男の子が見えてきました。

「真夏く~~ん!」
パンダの声に、ひょいと振り返ります。
「パンダ」
にっこり笑って立ち上がりました。
「今日は風が強いのに、どうしたの? 
自転車は進まなかったでしょう」

はあはあ、と息を吐きながら。パンダは照れています。

「この桜並木を自転車で潜り抜けてみたかったんだ、真夏くんと」

「へえ? 楽しそうだね。でも、俺は歩いてきちゃったよ」

パンダは後ろを指します。
「真夏くんを乗せて走りたいんだ」
「風が強いのに?」
真夏が首を傾げています。
「まあ・・折角だから、お願いしようかな」

真夏がちょこんと座りました。
「このまま、冬至くんのお店まで駆けて行くよ!」
「あはは。無理しないで」
真夏がパンダにしがみつきました。
「じゃあ、運転手さん。お願いします」

パンダが真夏を乗せて、桜並木を駆け抜けていきます。
途中ですれ違う親子連れやカップルに、
軽くお辞儀をしながら、2人とも笑顔です。
「すごいね、パンダ! 桜の下を通ると花に触れそうだ」
触るどころか、髪にいくつも花びらがついていますよ?
真夏の楽しそうな声はパンダの元気の源です。
ぐんぐん漕いで、もうすぐ大きな家が見えてきます。

「あれが陸奥くんの家? 大きいねえ」
「あいつはお坊っちゃんだからね。で、その隣が冬至の仕事場」

向かい風に髪を弄ばれながら、桜並木を駆け抜けて。
大好きなひとと楽しい友人に会いに行きます。


続くのだ。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/239-d09776ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。