FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その罪の無い笑顔に、好意は期待できない。

「ご、ごめんなさい。でも僕、キスが出来て、物凄く嬉しかったのです」

「えっ」
しまった、何て事を! もう鶴前さんの顔が見られないよ!
「何でもないです!」

腿を押さえながらダッシュで営業部を飛び出すと、エレベーターの前に来た。
急いで下向きのボタンを押したけど、なかなか来ない。
「あ、何で。口走ってしまったのだろう」
汗が出てきた。きっと今頃、鶴前さんは僕を変態だと思っているだろう。
もう二度と合えないかもしれない。覆水盆に返らず、ああ、僕は何て事を。

「ケンちゃん」
「ぎゃんっ」
「……そんなに大きな体で、きゃんって鳴くの? 可愛いなあ」

どうして追いかけてきたのだろうか。
恥かしくて逃げ出したのに、こうして追い討ちをかけて止めを刺したいのだろうか。

「一万円を返すね」
「あ、すみません……」
そうか、このせいか。恥かしいな。

「それからこれ、僕の携帯番号とアドレス。学校が終わったら連絡をくれるかな? 忙しかったらバイトをお願いしたいので」
「あ、はい」
 番号の書かれたメモをくれた。さっきの事は聞き流してくれたのかな? 


「それから……仕事とプライベートは別にしたいのだけど」
 あっ。やっぱり、告白もしていないのに振られるのか。あんな言い方では当然、嫌われるよな。


「ケンちゃんといると楽しいよ。仕事は進むし、今まで張り詰めていた事が楽になった。それに、何かドキドキするし」
「えっ?」

半開きの唇が艶かしい。そ、その唇がキスしてくれたのだよね。

「ケンちゃん、僕は」
その先が聞きたいのに、無情にもエレベーターが到着した。
そしてドアの向こうから生理的に受け付けない人が現れた。

「ハル! お迎えをしてくれたの」

 ……大和さん。どうしているの?


「お疲れ様です、大和さん」
「ランチに行こうよ、ハル! おなかが空いてさ、会議どころじゃ無かったよ」

僕をスルーしているのは構わないけど、昨夜の電話の調子と全然違うし、やけにべたべたしているなあ!

「あれ、犬飼くんじゃないか」
「僕は犬山です、部長」
「ああ、すまない。きみは学校じゃないのかね? どうした?」
「いえ、その。忘れ物をしたので……」
「そうか」
部長と話をしていても大和さんに連れて行かれた鶴前さんが気になる。
遠くなる後姿をみていたら、部長が肩を叩いた。

「ハルくんが作成したデータのおかげで、大和は大口の取引が成立したのだよ」
「それでハイテンションなのですか」
「それとまあ、もう一つ良い事があって」
 
まだあるのか。大和さんの気分とは逆な人生を歩みそうだな、今の僕は。

「迷惑小僧、結婚が決まったのだよ」
「はいっ? 相手は?」
我侭な大和さんに、本当に相手がいたのか。

「お付き合いして、もう五年になる女性でね。プロポーズの返事が今朝あったそうで、あのハイテンションさ。しかし、きみはどうしてそんなに興味を示しているのかい?」
「あ、いえ。その」
「ああ、ハルくんが心配なのか。大丈夫だよ、聞いたら喜ぶさ」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。