FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.09 劇的変化・9
 直は容赦なく俺の中をかき回しているのに、俺は何故か嫌な感じじゃなかった。
あのバイトのときは羞恥心と犯される怖さで、痛みしか覚えなかったが直は違う。
「くっ、うん。ミヒロぉ…」
 直のヘアーが俺の内股を擦る。
それがくすぐったいし、直は俺から目を離さなかった。
「ミヒロ…」
 突き上げながら名を呼ぶ、その表情に満たされていく思いがした。
「直っ!」
 俺はシーツをつかむと体を反って直を再度奥まで誘った。
奥を擦られるあの感触を今一度確認したかった。
「直、もっと。俺を乱していいから」
「ミヒロ…」
 直はうっすらと汗を浮かべていた。
そしてやや苦しげに眉間に皺を寄せると「たまんねえ」とぼやく。
「も、もたないんだ。ミヒロ、中に出させて」
 そういうと直は激しく数回突き上げると「ウッ!」と呻いて、見るからに力が抜けた。
俺の臀部が濡れていくのがわかる。
直の精が溢れているんだろう。
「ミヒロ、ミヒロが好きなんだ」
 息を切らしながら直が俺に何度も告る。

「ミヒロを知ったから、全部が欲しい」
 直は俺の髪を撫で、愛おしそうにそのまま首筋を撫でていく。
セックスがこんなに感じるものとは知らなかった。
あの強姦まがいのときは性欲すら感じない業務的な感じだったが、
直からは俺をそんな世界から奪い去り、包むような愛情を感じる。
「ずっと好きだったんだ。だからあの動画を見たときは怒り狂いそうだった」
「直…俺のことをそんなに」
「もう悪友なんて嫌だ。ミヒロ、俺のものになれよ」
 お互いが汗で濡れて光っていた。
俺は悪友と呼んでいた直の素直な気持ちを知らされて困惑した。
「凄く好きなんだ…」
 その搾り出すような声に俺は頷いた。
セックスが気持ちよかっただけじゃない、俺は愛される喜びを知ったんだ。
 直の背に手を回して抱き締めると、直は「わ」と言って俺の体に全身を預けてきた。
「重い!」
「そんなに体重は変わらないだろうっ」
 互いの汗が絡みつくような抱擁になった。
俺は直の体を締め付けるほどに強く抱き締めた。



 制服を着て落ち着くと、俺はバイトを断るつもりで鈴木に連絡を取ったが
『もう撮影の準備をしているからドタキャンは困る』と怒鳴られた。
 俺は一気に不愉快になり「二度と行きません」と言い返して携帯を切った。
しかし俺の動画をネットに晒されるのを止めろといい忘れ、
携帯を所在無く見ていると直がそれを取り上げた。
「ミヒロの動画を流すな!淫行で警察に訴えるぞ!」
 直は怒鳴ると携帯を切り、俺に返した。
「淫行・と言えば引き下がるって。誰だって捕まりたくないからなー」
 しかし直は「本当は訴えたいけど、ミヒロが警察で何だかんだ言われるのは辛い」とまで言う。
「そんなに…想ってくれていたのか」
「はあ?今まで俺のことを本当に悪友としか見ていなかったのか?」
 いきなり直が大声を出したので、思わず一歩退いた。
「こんなにいい男なのにさ~。酷いな」
 たしかに直は端整な顔立ちだからいい男だろうし、もてると思う。
それなのに俺なんかでいいのだろうか。
「俺が絶対にミヒロを護るから。信じていいよ」
「直。絶対って言葉は無いだろう」
「信じろって!」
 直が俺のお尻をカバンで叩くのでよろけた。
その体を直がすぐに支えてくれる。

「おまえ、なにやってんだよ」
「ミヒロを護るって感じ」
「…はあー」
 まだ悪友のイメージが抜けないが、体は直を覚えてしまった。
直の袖を引くよりも肌に触れたくて手首をつかんでしまう。
「ミヒロ?」
「いいバイトを探すよ」
「そうだなー。決まったら教えろよ。応援するから」

「応援?」
「いつでも愚痴を聞くし、抱いてやるし」
 愚痴はともかく、抱くとはなんだ?
「…それは別に」
 俺は言葉を濁しつつ、体の芯に火がつきそうな高揚感を覚えてしまった。
直に惹かれているんだろうか、その答えはこれからゆっくり探してみよう。



終わり

ありがとうございました

 


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。