FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 亮輔はしたり顔で蒼生の秘部に指を2本差し込むと、中をかき回した。
「はあっ!やだやだ、んーっ!」
 刺激を受けて蒼生の声が独特の甘さを持ち始めた。
「や、やだっ!亮輔早すぎるっ…」
「早いか?それにしてはこの腰はよく動くなあ?」
 亮輔は蒼生の腰をゆっくりと撫でた。
その体温に蒼生が体をびくりと震わせる。
「つめた…」

「指が冷たい人は心があたたかいんだ」
「…亮輔に限ってはそんなことはない」
「はあ?」
「あたたかいなんて、思ったことがない」

「言うなあー。俺に蒼生の全部を見せながら、まだ意地を張るのか?」
 亮輔は蒼生の中をまた指でかき回すと急にそれを抜いた。
「はっ…ううん」
 抜けた感覚に蒼生は喘いで体を投げ出した。
うまくはまっていたものが取れたような感じがするのだ。
もう少しで快楽を得られたかもしれない、そう思うと焦れてくる。
「はあ、は…」 
 蒼生は不満げに吐息をつく。
そして開脚していた足をおずおずと閉じようとする。

「なに。もっと欲しかった?」
「…指でイクもんか」
「ふふ」
 亮輔は吹き出すと蒼生の足をつかんだ。
そしてまた開脚させると「んっ!」と蒼生が身をよじる。
「また指なら許さない」
「へえ?挑発できるんだ?これは…面白い」
 亮輔は我慢のできない茎を蒼生の秘部に突き立てた。
「アアッ!」
 途端に蒼生が体を反らす。
気丈なことは言えても、この衝撃だけは慣れないようだ。
「や、やだっ。まだ進まないで」
 亮輔が先端だけを挿入していると蒼生からストップがかかる。
「どうして?」
「もっと…撫でろよ。…なにもなしに受け入れられるか」
「ふうん?」
 亮輔は好奇心をそそられたように、挿入は続けながら蒼生と唇を重ねた。
「身長差があると便利なものだな」
「…るさい」
「なにか言った?」
「別に」
 蒼生は亮輔の背中に腕をまわして肌を密着させようとする。
「わ、キツイって。なにがしたいんだ」
「ここがさっきから…うずくんだ。擦ったらいいかなと思って」
 ここ・とは乳首だ。
既に隆起したそれは赤みを帯びていた。
「自分でしても、なにか物足りないんだ…」
 恥かしそうに小声で言う蒼生に、亮輔は駆り立てられた。
「擦るよりも吸うものだよ、ここは」
 そして乳首を指で転がしながら腰を振り、挿入を続ける・
「あ、あ、ううんっ。あ・あ・入ってくる、亮輔!熱い!」
「そうか?もっと入るぞ」
「くっ、ううん!や、やだ、なんか困る!乳首をいじりながらあっちもなんて」
「蒼生がして欲しいって言ったんだぞ」
 亮輔は挿入してしまうと、満足げに腰を動かした。
ぐいぐいと中に茎を押し込まれる感覚と、皮膚のぶつかる音に蒼生は我を忘れそうだ。
「は、なんか、気持ちい・い…あ、もっと、そうして」
「蒼生っ」
「んんっ、あ、ううん、ん、ん」
 蒼生は動かされるたびに喘ぎ、亮輔を更に燃えさせる。
「この声がいいんだよな、んっ、蒼生ー、昨日よりも奥に進めた感じ」

「ん…亮輔。ここ、ここを吸ってよ」
 蒼生は胸を張り、乳首を亮輔の体にこすりつける。
「も、限界なんだ、ここが。早く、早くして?」
「おねだりもできるようになったな。悪くない」
 亮輔は茎を動かさないで乳首に集中した。
舌で舐め、口に含むと蒼生の希望どおりに吸った。
「あああん!」
 蒼生の喘ぎも亮輔には心地いい。
「あ、やだ、もっとしてよ?やめないで」
「あー、うん」
 亮輔は操られているような錯覚を覚えたが、蒼生のぷっくりとした乳首は嫌いではない。
再び口に含んで吸うが、甘噛みをしてみた。
「くっ!うううん!り、亮輔?は、はあ…そんなことはしないっで・・・」
「感じちゃう?」
 蒼生は何度も頷いた。
声が出ず、吐息ばかりが亮輔にかかる。
「なら、いいじゃないか」
 亮輔はもう片方の乳首も舐めて舌で転がし、甘噛みをした。
「いっ!やだやだ!なんか…辛い!」
「辛い?」
 思わず亮輔が蒼生の下半身を見ると、爆ぜていた。
ヘアーが白く濡れていて、それが部屋の照明に輝いていた。


22話に続きます

拍手をありがとうございます
でも内容が古くて申し訳ありませんでした
少しずつ書き直します…
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。