FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.27 mellow・9
「JKよりも女子中学生だよなー。胸はないけど初心な顔をしてやることが大胆」
「それを言うならOLさんだろー?制服姿がたまらん」
「やっぱ、ストッキングだよなー」
 おかしな会話が聞こえてきて健が目を開けると見慣れない天井が見えた。

「お。起きたか、直江」
「心配したぞー」
 なんとハメ動画を見ていた連中が、健の寝ているベッドを囲んでいた。
「…どこ?」
「保健室だよ。委員長がここまで運んできたんだぜ?」
「光が?」
 健は飛び起きたが寝ていたせいなのか頭がクラクラする。
「無理すんなー。大丈夫だよ、直江は俺たちが守ってやるからさー」
「は?守る?」
 聞き捨てならない言葉だ。
「本当は委員長が側につきたかったらしいけど、クラスをまとめる役目だからな、俺たちが代わりに来ているってこと」
「…誰にも咎められずにエロ動画を見たいだけだろう」
「それもあるなー」
 連中は「あはは」と笑うが、ふと真顔になる。
「うちの担任、変態みたいだから気をつけろよ?」
「どうして知っているんだ?」
 健が聞き返すと「あ、知ってた?」と皆が目を見開いた。

「直江をここに避難させたのは正解だったな、さすが委員長」
 そうこぼすと「とんだいきさつがあるんだよ」と健の目を見た。

「直江が倒れてからすぐに担任が来てさ、どうしても直江を家まで送り届けるってきかないんだ。
それも委員長から直江を取り上げようとしながらだぜ?
態度が尋常じゃないからさ、いつもはおとなしい委員長も疑ってかかって直江を抱えて守ったんだ」
 そんなことを聞かされて健は頬が熱くなってきた。
「で、委員長が直江を保健室に連れてきて、俺たちに『悪いけどここにいて欲しい』って頼むからさ、
まあ、俺たちも担任の執着ぶりがおかしいと思ったからここで見張りをしていたってわけ」
 
 胸を張る連中に、健は頭を下げた。
「ごめん、ありがとう」
「わー。気の強い直江に謝られると気持ちが悪いなー」
「なんだよ!」
「あはは、そうでなくちゃ」
 連中は手を叩いて喜ぶが「気をつけろよ、マジで」と忠告してきた。
「俺たちは女子を見て喜ぶけどさ、あの担任は直江を狙ってる」
「これだけ可愛い顔をしていたら気の迷いもあるかもしれないけどさ、おかしいよ加賀の奴」
 連中が自分を心配してくれるのはありがたいが、健は自分が倒れたことで光に迷惑がかかっていないか不安になった。
「委員長は大丈夫かな」
「ああ、その委員長だけど交代だってさ」
 連中の言葉に健は耳を疑った。
「え、誰がやるんだよ」

「直江だよ。担任が決めた」

 暫くの沈黙が保健室を包み、誰も声を出せなかった。

「直江のほうが適任だって担任が言ったんだよ、俺たちはそこまで聞いて保健室に来たからその後はわからない」
 健は加賀が自分目当てで自己中心的な人選をしたと感じた。
「委員長なんて引き受けられない。光が続投するべきだ」
「あのさー、直江。おまえのフォローあっての委員長だぞ?それでもいいのか?」
 連中も健のフォローに気付いていたのだ。
「僕がフォローしておさまるなら、これからも続ける」
「なんで?」
「光は僕の大事な幼なじみだからだよ!空気が読めないし統率力もないけど、
その分は僕がフォローするんだ」
 健の力強い言葉に、連中は「そうか」とうなづいた。
「じゃあ応援してやるよ。直江もそうだけど委員長を・な!」
「ありがとう」
 健がはにかむと連中が「おお」と低い声を出す。
「なんだよ、気色が悪い」
「直江が女子に人気があるの、わかる気がした」
「うらやましー」
 思わず皆で笑うと、健は気持ちが少し軽くなった。
そして担任と一戦交える気力が沸いてきた。



「直江ちゃん、お帰りー」
 笑顔を浮かべた女子に出迎えられて健は教室に戻った。
「直江ちゃん、とんでもないニュース!直江ちゃんが委員長だって!」
「あ、皆から聞いたよ。その役目はお断りする」
「でも担任が決めたんだよ?大丈夫?」
 女子が不安がるが「委員長は光だから」と微笑んで見せた。
しかしその光が見当たらない。
「あのさ、光は?」
「担任と一緒に職員室に行ったよ?委員長降任だから話があるって言われてさ」

「冗談じゃない!」

 健は職員室を目指して駆け出した。
「おい、直江!病み上がりなんだから無理をすんな!」
「直江ちゃーん!」
 皆の声を背に受けながら、健は走った。
どうせ担任に暴力を振るった身だ、このまま決着をつけてやる・その思いだけで健は廊下を走りぬけた。

10話に続きます
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。