FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.09 視界良好・16
「俺がセックスを教えるって言う快楽があるんだよ、まだ子供の涼真にさ」
 玄関で頬を膨らませている涼真に、唯斗が微笑みながら言う。
「手がかかるとか・子供とか、失礼です!僕は大学生なんですから!」
「そお?からかっていないよ?面白いなあ。なーんか不慣れなところがそそるんだけど?」

「不慣れ…?」
 
 なにを指して『不慣れ』なのかと考えこむ涼真を置いて、唯斗はさっさと靴を脱いで部屋に上がる。
そして玄関に立ったままの涼真に「おいで」と手招きした。
「はい、お邪魔します…」
 涼真は子供扱いをされたことが許せないのだが、靴を脱いで部屋に上がり、
「ん?」と首をかしげている唯斗を見ると何故か怒りが治まってしまう。
 そればかりかようやく2人きりになれた気恥ずかしさがあり、顔が熱くなる。

「まーた、顔が赤い」
 唯斗が涼真の鼻を指先で軽く突いた。
「構わないでください」
「俺のことを意識しすぎ」
「それは…だって仕方ないです」
 唯斗のむきだしの肩には蝶々が彫られている。
そしてジーンズに隠された腿にも蝶々がいることを涼真は知っている。
 あの蝶々に触れたい。
思わず腿の辺りを凝視してしまう涼真を見て、唯斗が「わかりやすい」と吹き出した。

「よーく我慢したね。誉めてあげるよ」
「こんなことを誉められても!」
 興奮して声を荒げる涼真の前で唯斗が膝を折った。
これで目線は合う。
「な・なんですか」
「限界だった?」
 この穏やかな声に涼真は怯んだ。

「涼真。俺が聞いているんだよ?」
「そ…」
 
 涼真が口を開けたとき、唯斗が狙いを外さずに唇を重ねた。
そして舌を潜り込ませて涼真のそれと絡み合う。
互いの唾液が淫靡な音を立てる中、唯斗は姿勢が不安定だからか涼真の肩をつかんだ。
体が触れ合う距離に、涼真は胸の鼓動が早まる。
 思わず手を上げて唯斗の肩の蝶々に触れた。
すると股間が熱くなってしまい『まずい』と感じた涼真は唯斗から離れようと試みる。
しかしなかなか唯斗はキスを止めなかった。
下唇を舐めて甘噛みをし、まだ欲しいとばかりに唾液を吸う。
 涼真はこんなに長いキスは初めてだ。
我慢をしていたのは自分だけではないと知ると、唯斗が愛おしくなりその体にしがみついた。
 すると体勢が変わり、唇が離れてぐらりと体が揺れ、涼真は床に尻をついた。
唯斗はそれに覆いかぶさるようにして圧し掛かり「立てる?」と聞く。

「尻が痛いけど、立てると思います」
「そお?じゃあ、腕を伸ばしてごらん」
 涼真が言われたとおりに腕を伸ばすと唯斗がそれを受け取り、立ち上がらせた。
「熱い手。子供みたい」
「また!僕は…」
 涼真が言い返そうとすると唯斗に抱き締められた。
「な・なんですか…」
「俺も限界なのがわかる?」
 肌に触れると鼓動が伝わる。
そして下半身に硬いものが当たっている感触がある。

「口でして」
 
 唯斗に言われるまま、涼真は唯斗のジッパーを下ろし、硬い茎を取り出した。
そしてひざまずくと茎をくわえて舌で舐めた。
「濡らすくらいでいいよ、涼真」
 しかし涼真はこれが欲しかったのだ。
先端を丁寧に舐めると裏側まで舌を這わせて、根元もそつなく唾液で濡らす。
「ジーンズが濡れちゃうな」
 唯斗は自分でジーンズを脱ぎ、下着も下ろした。
涼真は一瞬、腿の蝶々に気を取られたが、もっと欲しいものが目の前にある。
「もういいよ」と唯斗が言っても、涼真は茎を舐め上げていた。
「これが、ずっと欲しかったんです」
「うん、わかってた」
「唯斗さんの、これで僕を愛してくれたら…」
 涼真は高ぶってしまって唯斗の茎を両手で握った。
「ん!強くするなよ、出ちゃうだろ?」
「でも、ようやく…」
 また口を開けて茎をくわえようとする涼真の髪を唯斗が撫でた。

「脱ぎな。もう、いいから」

 涼真は唯斗の目を見つめながら茎から手を離してシャツを脱いだ。
そしてジーンズにも手をかけて下ろすと、股間を片手で隠しながら下着も脱ぎ去った。
「いい子だ」
 唯斗は裸の涼真を抱き上げるとベッドに運び、あおむけに寝かせるとその体の上にまたがった。
「いつまで隠しているんだよ?」
 涼真は両手で自分の股間を隠していたのだ。
「恥かしいんですよ!」
「今更言うか。昨日から存分に見ているのに?」
「だ・だって」
 顔を真っ赤にした涼真の指の間から白い液体がにじんできた。
「わ、ああ…」
「脱いだだけで出ちゃうか。本当に我慢させすぎたね、悪かった」
 唯斗は口角を上げて微笑むと、涼真の手を股間からどかせた。
すると先走りで濡れた茎が頭をもたげている。

「もっと出させちゃうから覚悟しなよ?」
「えっ」
 唯斗は涼真の体にまたがりながらタンクトップを脱いだ。

17話に続きます
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。