FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなかすれた声で言っても無駄ですね・。
冬至は真夏を自分の胸元に押付けて抱え込みました。
むぐむぐ・・と声が出ません。
ぷはあ、と大きく息を吐くと冬至が辛そうな声。
「・・真夏ちゃん、じっとしててよ。もう・・このままイクの嫌だよ俺。真夏ちゃんの中で果てたいの。」
冬至の指が真夏の中へ。つきん・と衝撃が真夏の中で走ります。
「と・・。」
冬至の胸で真夏が暴れます。
「・・・噛んでいいから。」

冬至は指を増やします。真夏の中で自由がきくのを確かめると
真夏の体をすこしずらします。
「とうじ・・。」
不安そうな真夏に舌をからめてキスを繰り返します。
「真夏ちゃんも耐えられないでしょ・・鞠ちゃんにはあとでなんとでも言うから。俺が・・言うから・・。」
自身を真夏の濡れた中にもぐりこませました。
「アっ・・あああ・・ああ!!」
続く突き上げてくる振動に真夏の声が高くなります。
「んぐっ・・。んんっ!」
冬至は今日は全く容赦しません。ぐんぐんと突き上げてきます。
この熱さで真夏は自分が串刺しになっているような感覚さえ覚えます。
声を出さないように、自分の両手で口を押さえても、もれまくり。
冬至のもたらす快感と振動。真夏はがくがくです。
揺れる真夏の瞳に冬至はもちませんでした、早めに果てました。
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/48-f94d1dcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。