FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真の指が那都の茂みをかきわけ、緊張している男根に到達したとき、那都は背筋を震わせた。

「へその下はだめ!」

初めて強い口調で拒まれた真はひるんだ。

「だめ・ですか?」
真は一瞬ためらうが、本心は<ここまで許しておいて、今更なんだ?>と疑問に思う。
しかし那都の男根は柔らかいままで勃起していない。
これは愛撫が足りないのか・それとも那都にその気がまったくないのか、真は混乱してしまう。

目の前では体を解されて上気した頬を見せている相手がいる。
「ん、も・離せって…」
喘ぐ声が艶かしく、扇情的でもある。

それに、指はまだ那都の男根をまさぐっていた。
真が指先でしごくたびに「ン…」と声を押し殺して体を小刻みに震わせている。

「先生、可愛いです…」
「なに言って…、も・おまえ…」

「…抱きたい・です」


セックスをしたい。
この状況で挿入したい欲望を抑えきれるような男はいないだろう。


「…入れたいです、先生!」
切なく声を振り絞るが、那都はとうとう真の腕をふり払う。
「俺は、こんなことをするために来ているんじゃないから、…だめ」

「先生!」
股間の熱が苛立ちを誘う。
やり場のない怒りを拳にこめ、机を叩いた。


「僕のペニスはどう処理したらいいんです?教えてください!」
「おまえのそれ…大きくない?!」

今頃になって那都はことの重大さに気付く。
真が本気で欲情していると知ったのだ。

腰がひけた那都は「俺じゃ無理」と言うのが精一杯だ。

「先生の中に入れなきゃ、おさまらないですよ」
真は那都の腕を取ると床に押し倒した。

「いてっ!」
椅子から落とされて腰を打った那都だが、その腰をおさえる余裕が無かった。
真が馬乗りになっていたのだ。

「入れさせてくれないなら…かけますから!」

真は自分の勃起した男根をつかみ、那都の乳首に亀頭を押し当てた。
そしてぐいぐいと擦り始める。

「あ、痛いっ…、真、やめろ。あ・く・ゥウ…」

まるで乳首を潰そうとするかのようだ。
真は腰を振りながら那都の起った乳首に亀頭を押し付けて擦り、煽る。
「先生。僕、マジなんですよ?先生が、欲しくて、んっ…入れたいんですッ」

「も、おまえ!…痛いって…ア、も・もう」
「先生、よくならない?…僕、息、くるし…」

乳首の転がる刺激が心地よいらしく、男根はますます高ぶり、膨張する。
真は「はっ…」と荒い息を吐き、那都の胸に精液を放出した。

「満足・できない…」
真の振り絞る声が哀しみを帯びていた。

「中に入れたい」
絶頂を得られなかった亀頭が侘しさを漂わせる。


一方、那都は精液で汚された胸を見て、落ちた感覚がした。
力のまったく入らない体が重く、
そしてなによりも泣き出しそうな真の顔を見ていられなく、腹をくくった。

わがままな真がその本領を発揮したのだが、那都は許せてしまう。

ここまで自分を欲しいといった人間は初めてだからだ。

那都は自分の魅力にも気付いていないのだが、それが真には幸いだった。
いまだかつで露骨に誘った輩は1人としていなかった。

この強引さにも那都の心は揺り動かされたのだ。

N大へ行かせようと試みている生徒でもある、
入学できれば自分の後輩だ。

憎からず思うのは当然かもしれなかった。

「入れてもいいよ、ただし、今はだめ。わかる?」

「先生?」
真はすがるような目をして那都の胸に触れた。

「じゃあ、結果を出します!なら、いいんですよね?」


喜んだ真は那都の体に密着し、キスをした。
しかし、相変わらず舌も入れない小鳥が嘴を触れ合うようなキスだ。

真はごり押しをするが、キスが下手である。
那都は『最初にキスを教えるべきだったかな』と首をかしげ、
しかし自分も同性とキスをするのも、セックスも初めてだと考え直した。


「はー。どうして俺とセックスがしたいの」

この愚問に真は「先生がいいんです」とぼやいてみせた。

幼い真の頭の中にはセックスから始まる恋愛があって当然と、
未経験なりの思考がファイルされていた。

感じあえばその先がある、
それは若さゆえの暴走もあるが後日、那都が身をもって知ることになるのだ。






おわり
読んでくださってありがとうございました
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。