FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夏の奥から流れる自分の分泌物を目で追いながら、荒れた息を整えようと深呼吸。
冬至は額の汗をぬぐうと真夏を抱きしめました。
「痛かった・・?ごめんね乱暴にしちゃって。」
真夏は頭が割れそうなぐらぐらな感覚に目を瞬かせて。
「だいじょうぶ・・。」
ちいさな声で。
「冬至我慢させすぎてごめんね・・。」
細い腰が冬至に密着しています。
白くくびれた曲線を見てしまうとまたお願いしたくなります。
「今度は・・怪我が治ってからね。」
真夏に先に言われてしまいました・・。


鞠香はしっかり昼寝をしていて、お兄ちゃんの行為に全く気がつかなかったようです。
冬至が作ったアイスクリームをぱくぱく食べています。
「冬至くん。次は何を作ってくれる?」
無邪気に聞いています。
「何がいい?そろそろ怪我も治りそうだから、帰るのが先かも。」
「えー!ずっとここにいたらいいじゃん。」
「そういうわけにもいかないのよ鞠香ちゃん。」
そうそう。
次はきかれてしまうかもしれませんからね。

     おしまい。エロでした・・。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
Secret

TrackBackURL
→http://oasis19.blog43.fc2.com/tb.php/49-90fb280a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。