FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.01 えにし・2
「どんな人ごみの中にいたって、俺は智梓を見つけられる。大丈夫」

人目が気になり手をつないでいられない智梓に穣がそうつぶやいた。

「今までずっと見てきたんだ。絶対に間違えない」

デッキには船酔いを恐れない生徒が数人集まっている。
同じクラスのものも混じっているだろう、
ただでさえ先刻まで口を聞いたことのない2人が並んで立っているのだ、
興味を惹き、注目を浴びてしまうのは間違いない。

「…絶対・なんて言葉はこの世にないんだよ」
智梓は揺れる波を遠目で追いながらぼやいた。
「え」
「そんな不確かで、曖昧な結果を案じさせる言葉は言っちゃいけない」

まるで屁理屈だった。
命を持った生き物のようにうねる波を見ながら、
智梓は続けるべき言葉を飲み込み、穣も深く問わない。
どちらかが歩み寄れば心の距離は近づけただろう、
しかし智梓の沈黙は重かった。

「…そうかな」

穣が風に乗せて飛ばすように言葉を吐き出した。

「俺を試していいよ。そんな概念は打ち崩してあげるから」
そう言うと智梓の背をぽんと突き飛ばし「おーい」と同じクラスらしきものに手を振った。

「あれーーー?智梓じゃね?」
たちまち数人が寄ってきて「おまえはいつも単独行動をとりたがるな、で、今日は珍しく寄ってきた?」と
口々に歓迎し、穣の元から連れ去っていく。

「後ろに誰かいなかった?」
「え、いたっけ」
「…穣、いたじゃん」
智梓が続けるのだが皆は「へえ」と興味なさそうですぐに別の話題を持ち出した。

「なあ、イルカ見えるかな」
「イルカ?」

「泳いでるところ、見えたらいいな」

智梓は不慣れながらも笑顔を作り、クラスメートに共感している素振りに努力した。
体は存在しているが心ここにあらずだ。

イルカに会うよりも、気になる出会いをしたばかりなのだ。



『ずっと見てきたって言ったなあ。しかも絶対・って、よく言うよ』


仲のよいもの同志がそう言うのなら多少は理解できる、
だがしかし手が触れたのも先刻だ、
それなのに何がわかるというのだろうか。


『でまかせーーーー』


智梓はいつのまにかクラスメートとデッキを随分と歩き回り、
もはや方向感覚を失い、
穣が見当たらず、元々どこにいたのかさえわからなくなっていた。

『あれ、どこに』

揺れる船の上で歩き回るのは危険が伴う、
足元は不確かであるうえに見える景色はほとんど変わらない。
見渡してもそうそう劇的に変化するものではない。
それは人を不安に陥らせ、船酔いに移行しやすい。

智梓も例外ではなかった。
突然吐き気を催し、
がくりと折った膝を甲板にぶつけ、その衝撃で唇を噛んでしまった。

しかしクラスメートは異変に気付かない。
船は機械音を響かせながら運航しているので物音さえ届かない。

彼らは変わらぬ景色に飽き、それぞれが部屋に戻ろうと前しか見ておらず、
1番後ろをついていた智梓のことなど知るよしも無い。

智梓が自力で立ち上がろうと腕を伸ばしたときに、
その腕をつかまれる感触があった。


「…大丈夫?」

「えっ」

それは穣だった。
どこから走ってきたのか、息を切らせたまま智梓の腕をしっかりとつかんでいた。

「ど、してわかった?」
「…見つけるって言ったよね」

「僕、助けを呼んでないし」
「叫んでも気付かないよ、こんな爆音の中だから」

「…なにそれ」
「も、いいから。ここで吐かないでよ、部屋まで抱えていく」

穣は智梓の腕を自分の肩へまわさせ、体を抱きかかえると「よし」とばかりに歩き始めた。

「僕、試してないから」
「わかってるよ、そんなことする子じゃないって」

「あ、あのさ」
「しゃべらなくていいよ」

「ありがと…」

「どういたしまして。…智梓にそんなこと言われるなんて、ちょっと嬉しい。走った甲斐があった」

自分の体を引きずるように歩いていく穣に寄りかかりながら、
智梓は自分の屁理屈を打ち砕くために走ったであろう穣の気持ちを考えた。

自分ならどうしただろう。

どうしたい。

「…たくさん話してみたい、穣と」

「うん、俺も」



3話へ続きます
拍手をありがとうございます、
なかなか書けていないのに申し訳ないです…


しかも1話が11月って
今日は12月だし、もうほんとにあかん…


実はじわじわ進めたいなあと思ってとりかかったこのお話に、
読んでくださる方がみえたことが1番の励みでした
心の中にある大事なものが見えてきたらいいなあーーーとか

まあ  いつもぐだぐだなんで もっとがんばります

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。